フード

ギャザリングにもぴったり!スペインのソウルフード「ボカディージョ」

更新日:

ギャザリング、スペイン、ソウルフード、ボカディージョ

スペインの国民食「Bocadillo(ボカディージョ)」。

「Bocadillo(ボカディージョ)」とは、シンプルなスペイン風サンドイッチのことをいいます。

観光客が世界中から集まるバルセロナでも、昔から変わらない食べ物。

安くて手軽でどこでも食べられる、まさに日本のおにぎりといった存在。

まさに、老若男女のソウルフードなのです。
ギャザリング、スペイン、ソウルフード、ボカディージョ

スポンサーリンク

スペインでは小腹が空くとバルやカフェに寄り「Bocadillo(ボカディージョ)」をほおばるのが一般的。

旅行客だって、ゆっくり食べている時間が惜しい人には「Bocadillo(ボカディージョ)」はおすすめです。
ギャザリング、スペイン、ソウルフード、ボカディージョ

朝昼夜・軽食といつでも、スペインの人々の空腹を満たしてくれる強い味方。

美味しいボカディージョの作り方

作り方は至ってシンプル。
トーストしたバゲットを半分に切って良質なオリーブオイルを塗るだけ。

そしてその中にたっぷりの具を挟みます。

野菜はもちろん、肉や魚、卵などなんでも合うので、自分好みのボカデージョが作れますよ。

「カンタブリア」
アンチョビ・レタス・トマト・クリームチーズ

「エスパニョーラ」
ハモンセラーノ(生ハム)・クラシコ(チーズ)・トルティージャ(スペイン風厚焼きオムレツ)

「マジョルカ」
ソブラサーダ(ペースト状腸詰)・モッツァレラチーズ・はちみつ

「フェルミンチョボカ」
イベリコ・モッツァレラチーズ・ピキージョ(グリルしたパプリカのマリネ)

ギャザリング、スペイン、ソウルフード、ボカディージョ

またミニバゲットで作るとおしゃれなタパス風になるので、ギャザリングにもおすすめ。

時間が経ってもベチャッとせず美味しくいただけますよ。

地域によってもさまざま

地方によって特徴があり、カタルーニャのボカディージョはオリーブオイルの前に生のトマトをすりつけたパンを使うそうです。

ギャザリング、スペイン、ソウルフード、ボカディージョ

トマトをすりつけ少量の塩とオリーブオイルがかかったパンは、”パンコントマテ”と呼ばれ、カタルーニャ料理の代表メニュー。

これにも具は何でも合います。

とてもシンプルだからこそ、素材一つ一つの鮮度が重要になりますね。

バゲットの他に食パンや、クロワッサンに挟んだタイプのものもあります。

ピザののようにたくさんの具材をのせてトーストしたものや、ハンバーガータイプなどもあり、その時の気分でチョイスできますよ。

ギャザリング、スペイン、ソウルフード、ボカディージョ

最後に

ボカディージョは日本人の口にも合うので、一度食べたら虜になること間違いなし。
しかも日本の食材でも簡単にできるので、休日ブランチやアペロのおつまみなどにもおすすめよ。
最旬サンドイッチで、スペイン気分を満喫してみては?

-フード
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.