ライフスタイル

夜にブレックファストを食べる「ブリナー」がブームの予感?!

更新日:

夜、ブレックファスト、食べる、ブリナー、ブームの予感

アメリカに住んでいた友人の話だと、アメリカ人はブランチが好きだといいます。

普段は忙しくて、コーヒーだけ飲んで出勤したり。

子どもがいてもシリアルか簡単なトーストを出して終わりなんだとか。

だから Breakfast と Lunch をミックスさせた「Brunch」を楽しむそうです。

ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティー」でも、休日に友人4人で朝からカフェに集まるシーンはお決まりですよね。

見るだけでもハッピーになれる「Sex and the City」気になる裏話とは?!

夜、ブレックファスト、食べる、ブリナー、ブームの予感

逆にあちらから見ると、日本のバランスのとれた朝食はディナーに等しいほど豪華にみえるのだとか。

それぞれ食文化が違うので、どちらが正しいとかはないですが。

そして最近、新しいトレンドとなりつつあるのが「Breakfast for Dinner」。

スポンサーリンク

ブレックファストとディナーを掛け合わせて「Brinner(ブリナー)」と呼ばれています。

この「Brinner(ブリナー)」は、2015年頃アメリカやオーストラリアで進化系として登場。

これには”健康志向”の流行も後押ししているようなのです。

夜、ブレックファスト、食べる、ブリナー、ブームの予感

残業や仕事後のジム通いで、食事をとるのがどうしても夜遅くなってしまう。

せっかくエアロバイクで汗を流しても、その後に高カロリーなステーキやバーガーを食べてしまっては本末転倒ですよね。

そこでヘルシー志向の人が実践しているのが、発想を逆転してディナーの代わりにブレックファストを食べること。

夜、ブレックファスト、食べる、ブリナー、ブームの予感

海外の朝食メニューの定番
・スムージー
・チアシード
・ヨーグルト
・エッグベネディクト
・オムレツ
・シリアル
・オートミール
・パンケーキ
・ワッフル
・ベーグル
・フレンチトースト
・フルーツなど

夜、ブレックファスト、食べる、ブリナー、ブームの予感

アメリカの家庭では一般的なメニューの1つオムレツですが、チーズや野菜が入った健康的なオムレツが主流です。

スパイスやハーブなどで味付けをしたマッシュポテトをビンに入れて、その上に生卵をのせ湯煎する「エッグスラット」も人気があります。

夜、ブレックファスト、食べる、ブリナー、ブームの予感

もちろんブレックファストメニューに合わせて、飲み物もアルコールではなくノンカフェインのコーヒーだったりオレンジジュースを飲みます。

アメリカの朝食は簡単にできて、美味しいものや珍しいものがたくさんあります。

作る時間と手間がディナーと比べて大幅に短縮でき、ほどよい満足感はお腹にも優しいです。

夜、ブレックファスト、食べる、ブリナー、ブームの予感

最後に

日本の朝食といえば、ご飯に味噌汁にお魚など健康的であっさりとしたメニューが多いですが、アメリカでは簡単に素早く食べられ、且つエネルギーも蓄えられるようなメニューが一般的です。
時間短縮できたら、その分食事を味わって食べられるのもポイントです。
夜のブレックファストは、バリバリ働く独身のワーカーや、自分の食事もゆっくりとっていられないママにもおすすめですよ。

-ライフスタイル
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.