世界の出来事

モロッコ伝説のお祭り『婚約ムッセム』衝撃的な世界のお見合い風景,,,

更新日:

モロッコ、ムッセム、イスラム結婚式、お祭り

標高2000mのアトラス山脈が聳える、天井の村イミルシルに住むベルベル人。

「アマジーク」とは、自由な人の意味

この不毛の大地で生きる遊牧民ノマドに伝説のお祭りがあると言われている。

そこには3万の人が押し寄せる、モロッコ最大の婚約祭。

『婚約ムッセム』

山奥で役場がないため、お祭りで結ばれたカップルは、この日一斉に婚約届けを出すのだという。

モロッコ、ムッセム、イスラム結婚式、お祭り

今年は9月20日に34組が婚約する。

スポンサーリンク

若者はこの『婚約ムッセム』の会場で女性を口どく。
また結婚式に参加した男女は、情熱的に音楽やダンスを踊り自分をアピールする。

それは部族問題は解消されても、イスラムという宗教上、男女のあからさまな恋愛は禁止されているから。

モロッコ、ムッセム、イスラム結婚式、お祭り

■伝説の愛の物語

昔アイトヤッザ、アイトブラヒムの二つの部族が争いを続けていた。
その中二つの部族の若者が恋に落ちた。
二人は結婚の許しをもらおうとしたが、親戚じゅうで大反対された。
そこでシディ アハメド ルガルニが違う部族同士でも結婚でき、交流の場になるように、この”ムッセム”を広め争いを解消させたといわれている。

街の外れにはそれを象徴する湖がある。
ティスリット湖/ 女性が流した涙の泉
イズリ湖/ 男性が流した涙の泉

ノマドの民は過酷な地で遊牧を続けヤギを売り現金収入を得て、ほそぼそと生活をしている。
家族で家畜を連れ遊牧するスタイルはもはや、今を生きる若者には退屈で、最近は家業を受けつがずに、街へ出て行ってしまうそう。

最後に

私は正直このドキュメンタリーを見て、『婚約ムッセム』に強い衝撃を受けたました。
男女の間には素朴であまりにもストレートな瞳と、体から湧き出る情熱的なダンスや歌声は、血生臭さのようなものを感じます。
イスラムという普段はベールに隠された素顔がこの日だけは堂々と公の場で自分をアピールできる為、男女の目は真剣そのもので、身も心も燃え上がるっている姿がとても印象的でした。

-世界の出来事
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.