子育て

同世代の子ども同士の関わりが重要!?経験を積むだけ成長できる

更新日:

子ども同士、関わり、重要、経験、積む、成長

一人の女性が一生に産む赤ちゃんの平均数が2人に満たない現在の日本。

不妊理由はさまざまで、できない人もいれば、あえてつくらない人もいます。

後者の考えの人は筆者のまわりでも多く、出産や子育てが思っていた以上に大変だっだとか、職場や生活環境が子育て中の人に対して半協力的だったり、もう一人で十分という気持ちにさせてしまうのだと思います。

また無縁社会化が進み、隣近所の子どもに分け隔てなく接して面倒を見る機会や、気軽に子育ての相談できる環境も減ってきているのも問題です。

スポンサーリンク

“育児に正解はない”とは、よくいわれることですが、そういわれても何が正解かを求めてしまうのが育児。

子ども同士、関わり、重要、経験、積む、成長

「ここは叱るべきか」などと、自分の育児法に日々頭を悩ませている人はけっこう多いのでは?

そうなるとどうしても頼りにしてしまうのはインターネットの情報ですが、これも意見はマチマチで嘘の情報に惑わされないようにすることが大切。

子供同士の関わりが重要

子ども同士、関わり、重要、経験、積む、成長

園に入る前はどうしても大人の中で過ごす時間が多くなり子ども同士で学べるコミュニケーションが足りなくなってしまう傾向にあります。

大人は子どもの気持ちを尊重しながらあまく接するため、大人に囲まれた環境は平和そのもの。

しかし、その外の世界へ出れば自身の気持ちを無視した、子ども同士の欲求と欲求のぶつかり合いがあります。

そのぶつかり合いこそがコミュニケーション能力を向上させられるもののひとつです。

最初は警戒しながらも、お互い興味をもちます。

時にはおもちゃの取り合いをしながら、さまざまな感情を抱くこともあるかもしれません。

子ども同士、関わり、重要、経験、積む、成長
一緒に遊ぶ機会が増えれば楽しさや、嬉しさ、悔しさ、痛みなどを共感を得ます。

次第に子どもなりの言動を自らするようになり、子ども同士の関わり方に折り合いをつけるようになっていきます。

なので、ここでは親は子どもの動向を見守りながら干渉しすぎないことを心がけましょう。

子供の性格は家庭環境に左右される

子ども同士、関わり、重要、経験、積む、成長

また子供の性格は、きょうだいの有無以外にも、家庭環境や人との関わりで形成されていきます。

■一人っ子の性格の傾向
・わがまま
・甘えん坊
・おおらかでゆったり
・一人遊びが上手
・マイペース

■家庭環境や、人との関わり
・両親とのコミュニケーションの取り方
・父親が単身赴任、または仕事でほとんど家にいない
・母親がワーママもしくは、専業主婦
・祖父母が同居しているのか、そうでないか
・小さい頃から保育園などに通っているか、いないか

■子ども同士が関われる場所
・保育園の園庭開放
・幼稚園のプレスクール
・保育園や幼稚園のイベント
・一時保育
・児童館
・児童センター
・子育て支援センター
・公民館のイベント
・近くの公園
・習い事など

子ども同士も交流でき、さらに同じ目的をもった保護者同士が友だちになるきっかけにもなります。

子供を育てやすい国とは

子ども同士、関わり、重要、経験、積む、成長

セーブ・ザ・チルドレンは「子ども時代の終わり」と題したプロジェクトで、世界172カ国について子どもたちの暮らしを奪う要因を調査。

■8つの指標平均値
・5歳未満の子どもの死亡
・栄養不良や発育不全
・非就学率
・児童労働
・児童婚
・若年出産
・紛争による強制移動
・子どもの殺人被害

■子どもが育ちやすい国のランキング
1位 ノルウェー、スロベニア
3位 フィンランド
4位 オランダ、スウェーデン
6位 ポルトガル
7位 アイルランド
8位 アイスランド、イタリア
10位 ベルギー、キプロス、ドイツ、韓国

紛争や難民生活に追われ、子供を育てる環境が安定しない人々も多くいます。

ワースト1~10位はアフリカ諸国が独占し、最下位は西アフリカのニジェール。
子ども同士、関わり、重要、経験、積む、成長

また宗教や古くからの風習などで、女の子が好まれない地域もあるようです。

ちなみに米国は36位、日本は16位という結果がでています。

上位は北欧が占めていて、その雄大な自然環境の良さも関係があるのかもしれません。

何より国を挙げて子育支援しているところが魅力的です。

最後に

子どもが多くの人と関わり、さまざまな環境の中で経験を積んで成長できることがベストなのはわかっていても、なかなか毎日外に連れ出すのは大変なこと。
タイでは屋外で遊ばせるといっても一年を通して暑いし、室内は有料の施設ばかりで子どもも親もリフレッシュできる環境が少ないのが悩みの種です。

-子育て
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.