Lifestyle

スローフードのフランスが、今では手短に食べられるファストフードに以降しつつある?!

更新日:

フランス、スローフード、ファストフードに変化

スポンサーリンク

昔からフランスでは、スローフードの文化が浸透していましたが、最近若者やビジネスマンは食事にあまり時間をかけなくなったといわれています。

時代とともにフローフードからファストフードに移行してきているようです。
そこで今若者に人気の、フランスのファストフードについてご紹介したいと思います。

MEZZO DI PASUTA/メッゾ・ディ・パスタ

ランチボックスで気軽にテイクアウトできる、新感覚のパスタ屋さん。

■購入方法
1、カップサイズを選ぶ
Sサイズ 560円 / Mサイズ 770円 /Lサイズ 910円

2、ショートパスタを選ぶ5種類
ニョッキ、トロットール、ファッシ(リコッタチーズアンドホウレンソウ、ビーフ、チーズ)

3、ソースを選ぶ
カルボナーラ、アラビアータ、ボロネーゼなど

4、パルメザンチーズをかけて完成
所要時間/ 5分
全60通り

■人気のメニュー
1位 カルボナーラ×ファルシパスタ(ビーフ)
2位 サーモン×ニョッキ(生クリーム)
3位 テキサス×トロットールパスタ(BBQ)

フランス、スローフード、ファストフードに変化

Lobster Bar/ロブスターバー

ブルターニュ産のオマール海老を使っており、レストランで食べると7,000円するくらい高級食材。
そのオマール海老をふんだんに使った、プチ贅沢なサンドイッチ 約3,700円

フランス、スローフード、ファストフードに変化

■作り方
1、オマール海老を茹でる
2、自家製のパンのトースト
3、パンに切り目をいれて、豪快にオマール海老とエストラゴン(ハーブ)とマヨネーズを挟む

詳細
住所:41 Rue Coquillière, 75001 Paris, フランス
営業時間:12:00~14:00 / 20:00~22:30

フランス、スローフード、ファストフードに変化

Big Fernand/ビック・フェルナン

パリのリヨンにあるビック・フェルナンは高級ファストフードといわれ、なんとハンバーガーが11ユーロ(約1,600円)する。
また、乳のみ子牛を使ったケバブサンドイッチ(8.5ユーロ)も人気で、昼時は行列ができるお店。

詳細
住所:55 rue du Faubourg Poissonniere, 75009 Paris, France
TEL:01-7370-5152
営業時間:
月火 19:30 ~22:30
月〜金 12:00~26:30
金19:30~23:00
土12:00~15:00 / 19:00~22:30

BENTO Boom/ お弁当ブーム

日本の漫画からお弁当ブームに火がつき、以前より休憩時間が減っているフランスでは、続々とお洒落なお弁当屋さんが開店しています。

お弁当屋さんはお弁当配達に追われ、特にルイヴィトンや高級ブランドのショップに配達が多いのだとか。

お弁当のレシピ本も売られ始め、彼氏に作る女子学生やお弁当ブログ、キャラ弁を作る主婦などで話題になっています。

■お弁当のイメージ
新しい、クール、早い、安い、ヘルシー、新しい味、フルコース

フランス、スローフード、ファストフードに変化

最後に

これまでの時間をかけて食事をする文化から、時間を効率的に使う時代の流れに徐々に変わってきているようです。
特にパリのお弁当産業は急激に成長しており、健康でお洒落なパリ風のお弁当が大人気のようです。
また最近はパッと食べれる日本のラーメンも人気が高まっています。

-Lifestyle
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2018 AllRights Reserved.