News

スリランカの大統領の名演説がなければ、今の日本はなかった!?

更新日:

スリランカ大統領のスピーチ、今の日本がある

スリランカと日本の繫がりは古く、世界で一番早く正式に日本と外交関係を結んだのはスリランカです。

きっかけは、第二次世界大戦敗戦後の1951年サンフランシスコ講和会議にあります。

スポンサーリンク

第二次世界大戦に勝ったアメリカ、イギリス、ソ連、中国によって作られた「日本分割占領案」により、日本は4地域に分割される予定でした。

スリランカ大統領のスピーチ、今の日本がある

しかし、その日本を救ったのが、当時のスリランカ(セイロン)大統領・ジャヤワルダナ氏の戦勝国に対してのスピーチです。

「戦争に負けた日本にもう一度チャンスを与えるべき」

「憎しみは何も生み出さない」

その背景には、同じアジアの日本に対する深い尊敬の念があったそうです。

スリランカ大統領のスピーチ、今の日本がある

この名演説によって戦勝国は日本占領に対する考えを変え、日本は分割されずに済みました。

結果、日本が国際社会に復帰する道すじをつくったと言われています。

スリランカ大統領のスピーチのおかげもあり、今の日本があると言っても過言ではないのではないでしょうか。

スリランカ大統領のスピーチ、今の日本がある

そんなスリランカは真の親日家で、どこにいっても親切な人ばかりで、とても感動しました。

旅の印象というのは、素敵な建物やおいしい食べ物で決まるのではなく、人との関わりでその国のイメージが決まります。

スリランカ大統領のスピーチ、今の日本がある

カメラを向けると自然と笑みが溢れ、子どもたちは好奇心旺盛に近づいてきます。

またスリランカは長い間内戦が行われており、今まさに観光客の注目が集まっている国でもあります。

スリランカ大統領のスピーチ、今の日本がある

自然豊かなスリランカに中には、8つの世界遺産もあり多くの人々を魅了しています。

ユネスコ世界文化遺産
•シーギリヤ
•アヌラダープラ
•ポロンナルワ
•キャンディ
•ゴールの旧市街と要塞
•ダンブッラの黄金寺院
•シンハラジャ森林保護区
•スリランカの中央高地

最後に

国の歴史はその国を訪れててみたい、もしくは訪れた後にとても興味が沸き、注意深く知りたいと思うものです。
まさかスリランカの大統領の演説によって、日本が占領されずに済んだとは思いもよらず、とても感動してしまいました。
この事実を知らない日本人に、知ってスリランカに興味をもってもらいたいです。

-News
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2018 AllRights Reserved.