トレンド

完全”オートクチュールオーダー”、菊池氏が手がける『メゾン・ド・レ・ランジェリー』世界にたった一つだけの下着

更新日:

一つだけどオーダーランジェリー、ペティットチャット、メゾン・ド・レ・ランジェリー、菊池さん

最近日本人デザイナーが手がけるランジェリーブランドが増えている気がします。

これまで下着は服の下に隠され、どちらかというと機能制重視の下着が日本では主流でしたが、最近は見せる下着に移行してきているようです。

そんなオーダーメイドランジェリーのサロン「Petit Chat / maison de la lingerie」を地元で開き、世界で一つだけのオーダーメイドランジェリーを制作しているのがデザイナーの菊池さんです。

「エスモード パリ校」でランジェリー制作を学んのち、パリ サンジェルマンにある「Vannina Vesperin/ヴァニーナ・ヴェスプリーニ」のブティック兼アトリエで経験を積んだ実績があります。

一つだけどオーダーランジェリー、ペティットチャット、メゾン・ド・レ・ランジェリー、菊池さん

PETIT CHAT/Maison de la Lingerie

デザイナー:菊池佳代子

住所:〒780-0051 高知市愛宕町4丁目15-12

TEL:088-803-8183

メール:maison@petit-chat.biz.

アクセス: 高知駅より車で5分、高知インター出口より車で西へ10分

スポンサーリンク

繊細なヨーロッパの最高級のストレッチシルクや極上レースを自ら買い付け、一つ一つ手作りをすることで、着け心地の良さを追求しています。

デザインはパリで学んだ、オートクチュールらしい雰囲気が全面から漂う、とても上品なランジェリーです。

■完全オートクチュールのオーダーランジェリー

①採寸

②デザイナーの菊池さんと相談しながら、デザインや生地、レースを決める

③ワイヤー入りのブラジャー、ショーツ、キャミソール、コンビネゾン

④全ての行程をハンドメイドで行います

一つだけどオーダーランジェリー、ペティットチャット、メゾン・ド・レ・ランジェリー、菊池さん

ランジェリーアイテムの中で最も作るのが難しいのがブラジャーです。

デザイン、レース、生地、ストラップ、ホック、ワイヤーなど、多くの資材を必要とし細かいスキルも必要となってきます。

また40以上のパーツを縫製して作られるため、資金も手間もかかり、また大量生産の場合は多くのサイズの在庫を抱えなければならない為、ショップとして立ち上げにくいと言います。

■シルクランジェリーオーダー会

会期:12月6日(金)、7日(土)、8日(日)

場所:そごう横浜店4階 インナーウエア売場内(海の見えるフィッティングルーム)

TEL:045-465-5291(インナーウェア売場直通)

人数:各日限定5名様

予約:要予約

最後に

既製品でなかなか自分の体に合うものが見つからないという人には、いっそうのことオーダーメイドで下着を作ってみては。
菊池さんが作る下着は全てハンドメイドで、ヨーロッパの最高級シルクと極上のレースからできたランジェリーは、肌に触れるとが普通の下着とは全く違う贅沢さがあり、特別なランジェリーに仕上がります。

-トレンド
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.