カフェ

お酒も飲める、新感覚のスタバ「インスパイアードバイスターバックス」が東京・自由が丘にオープン!

更新日:

お酒が飲める、新感覚、インスパイアードバイスターバックス、東京自由が丘にオープン

シアトルスタイルカフェ・ブームの火付け役

1971年に米国のシアトルで開業した、世界規模で展開するコーヒーのチェーン店「Starbucks Coffee(スターバックスコーヒー)」。

1986年にテイクアウトと歩き飲みが可能なスタイルでのドリンク販売を始め、後に北米地区全土に広がり、今では約60の国と地域で営業展開をしています。

そんなスターバックスが、2015年11月19日(木)にお酒も飲める新感覚の店舗を東京・自由が丘にオープンさせました。

お酒が飲める、新感覚、インスパイアードバイスターバックス、東京自由が丘にオープン

その名も「インスパイアードバイスターバックス」。
緑のロゴマークも異なります。

お店のコンセプトは地域密着型の"Neighborhood and Coffee”。

スポンサーリンク

このようにアルコールメニューがある"Neighborhood and Coffee”のスターバックス店舗は二子玉川、下北沢、池尻大橋エリアに続いて国内4店舗目となります。

お酒が飲める、新感覚、インスパイアードバイスターバックス、東京自由が丘にオープン

通常のスターバックスはわりと狭い店舗が多かったですが、ベビーカーも通り抜けれるような広い作りになっています。

メニューはワインやビールといったアルコール類の他、"Neighborhood and Coffee”のスターバックスでしか味わえないスペシャルフードメニューもあるので、カフェというよりダイナー感覚で利用できそうでね。

またここで使用されているプレートやカップも従来のスターバックスとは異なり、更にスタイリッシュでお洒落なものになっています。

お酒が飲める、新感覚、インスパイアードバイスターバックス、東京自由が丘にオープン
(イメージ)

テーブルの上には、その日提供する3種類のコーヒー豆が置かれ、実際にコーヒー豆に触れて、より深くコーヒーを味わてもらいたいという気持ちから始めたそうです。

ビバレッジメニュー(500円〜)
・コーヒー クローバー
・カフェラテ
・フォームマキアート
・マムズアップル&ティー
・バナナチョコレート&アイスクリーム
・シェイクン オレンジラズベリー

アルコールメニュー(650円〜)
・グラスビール
・グラス赤白ワイン

フードメニュー(290円〜)
・アーモンドクロワッサン
・青森産のりんごのアップルパイwithアイスクリーム
・クラシックハム&チーズサンドイッチ
・マカロニ&チーズ

詳細
住所:東京都世田谷区奥沢2-38-9
営業時間:08:00~22:00
定休日:不定休
オープン日:2015年11月19日(木)

お酒が飲める、新感覚、インスパイアードバイスターバックス、東京自由が丘にオープン
アクセス:東急大井町線、東急東横線自由が丘駅から徒歩5分

最後に

これまでのスターバックスは外以外の席は、全席禁煙でもちろんアルコールメニューは置いていませんでしたが、これからは新しい発想で多用途で利用できる店舗が必要になってきたのかもしれません。
出店地域も二子玉川・下北沢・池尻大橋・自由が丘と、若者に人気の街ばかりなので、流行に敏感な人はいち早くチェックしてみたいものですよね。

-カフェ
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.