タイ移住

””微笑みの国タイ””は過去のもの「アメージング・タイランド」腹黒い薄笑いの意味とは?!

更新日:

微笑みの国タイ、過去、アメージング・タイランド、腹黒い、薄笑い、騙す

タイを訪れた観光客は2014年前期で1362万人、昨年同時期の1526万人より10.7%減少していることがわかります。

2014年9月タイ英字紙に「観光地などの二重価格や割増料金について、観光客を呼び戻すためにも早急に見直すべき」という内容のコラムが掲載され話題になりました。

微笑みの国タイ、過去、アメージング・タイランド、腹黒い、薄笑い、騙す

2013年より値上げされた観光名所の入場料

▪️王宮 400バーツ→500バーツ

▪️ワットポー 100バーツ→200バーツ
※どちらもタイ人は入場料無料

他の地方観光地でも、外国人はタイ人の2倍から10倍の料金を徴収されているのです。

これには仏教徒の多いタイ人は、入場すれば必ず寄付をするからというのが主な理由とされているそうです。

しかしタイ人も全員が仏教徒ではなく、中には外国人でも御布施をする人はたくさんいるはずです。

スポンサーリンク

何度もタイを訪れている観光客の不評を買い続けており、「こうした不公平な料金は撤廃するか、縮小するべき!」と海外のジャーナリストから声が上がっています。

微笑みの国タイ、過去、アメージング・タイランド、腹黒い、薄笑い、騙す

2015年5月21日には、有名なお寺「ワット・プラケオ」や「ワットポー」に向かおうとした外国人に、今日は閉まっているなどとウソをついて、宝石店やレストランなどに連れて行き、バックマージンを得ていた三輪タクシー運転手ら22人が逮捕されたばかりです。

しかし、摘発されるたびに数百〜1000バーツ(約4000円)程度の罰金を支払って、また同じことを繰り返すということが半世紀近くも続いているのが現状です。

微笑みの国タイ、過去、アメージング・タイランド、腹黒い、薄笑い、騙す

同じく外国人観光客が毎度悩まされるのが、タイのタクシー利用です。

ボッタクリ多発地

・スクンビット通り

・ シーロム通り

・ サラデン駅付近

・ 有名ホテル

・ 高級デパート前

メーター不使用や、ボッタクリも同様で、被害者の通報があったとしても、罰金をとられるだけでエンドレスに繰り返され、改善されることがないのです。

微笑みの国タイ、過去、アメージング・タイランド、腹黒い、薄笑い、騙す

プーケットでも、タクシーマフィアと呼ばれた観光客相手に運賃のボッタクリを繰り返してきたグループが摘発され逮捕されたそうです。

プーケットは西洋人が多く訪れる観光スポットで、ここでも横行しているタクシーの違法料金も、今大きく見直されつつあります。

ある欧米人はタクシーは交渉するのが当たり前だと思い、たまたま乗ったタクシーがメーター料金だったことに驚き、感謝を込めてSNSにビデオをアップしたというニュースも載っていました。

微笑みの国タイ、過去、アメージング・タイランド、腹黒い、薄笑い、騙す

2014年9月以降の適正料金

・初乗り2キロまで        30バーツ
・その後の15キロまで1キロごと 12バーツ
・以降1キロごと         10バーツ

それに限らず、クリニック、露天商、マッサージ店などは未だに外国人料金が英語表記で別のパネルに用意してあることが多いです。

これは多くのリピーターにとっては煩わしいものであり、来てくれた観光客がまた来たいと思わせる機会を奪うことになっていいます。

微笑みの国タイ、過去、アメージング・タイランド、腹黒い、薄笑い、騙す

最後に

タイは年々物価が上昇しており、日本とさほどかわらない金額になってきています。
しかしいまだに、外国人はタイ文字が読めないので少なからず損をしていると思います。
昔からタイを知る人はバンコクはもうタイではないと感じるほど過去の穏やかな面影はなくなり、観光客は減少しています。
現在は観光客を呼び戻そうと中国と台湾のビザを無料にし、今は中華系の観光客が増えてます。

-タイ移住
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.