コラム

ちょっとした空き時間にぴったりの小説「アイネクライネナハトムジーク」伊坂幸太郎

更新日:

空き時間、小説、アイネクライネナハトムジーク、伊坂幸太郎

今日ご紹介する本は、伊坂幸太郎さんの「アイネクライネナハトムジーク」です。

タイトル :アイネクライネナハトムジーク
著者 :伊坂幸太郎
出版社 :幻冬舎
出版日 :2014年9月26日
価格 :1,210円
ジャンル :文学

伊坂幸太郎(いさか こうたろう)

1971年、千葉県生れ。

1995年東北大学法学部卒業。

2000年「オーデュボンの祈り」で、新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。

2002年刊行の「ラッシュライフ」が各紙誌で絶賛され、好評を博す。

2003年の作品「重力ピエロ」はベストセラーとなり、文学界に旋風を巻き起こした。
(ウィキペディアより)

あらすじ

空き時間、小説、アイネクライネナハトムジーク、伊坂幸太郎
(イメージ)
ごく一般的な生活を送る人々の日常を描いた、6つの連作短篇集。

ここにヒーローはいない。

さあ、君の出番だ。

奥さんに愛想を尽かされたサラリーマン。

他力本願で恋をしようとする青年。

元いじめっこへの復讐を企てるOL。

それでいて登場人物の日常は、いつもの日常のまま進んでゆく。

情けないけど、愛おしい。

スポンサーリンク

そんな登場人物たちが紡ぎ出す、数々のサプライズ。

一つ一つの物語がシンプルなのにとても清々しいです。

幅広い世代間が同時に進行していてとても面白いです。

その何気ない普通の人々が少しずつ関わり合うことで織り成す小さな奇跡。

空き時間、小説、アイネクライネナハトムジーク、伊坂幸太郎
(イメージ)

中にはハッとさせられるような心に残る言葉がいくつも出てきます。

その何気ない日常の会話や取り巻く優しい雰囲気が、読んでる人の心にスッと入り込んでくるのは、伊坂幸太郎さんならではのもの。

この本は伏線と驚きに満ちたエンタテイメント小説です。

最後に

伊坂幸太郎さんがいつも書くような、非現実的な事件は今回は起きません。
ただ、自分の周りにもいそうな登場人物たちに親近感を覚えるくらいです。
とても読みやすく、展開もテンポが良いので、幅広い人たちに読んで楽しめる小説だと思います。

-コラム
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.