VISIOMIRE(ヴィジョミア)夢を追うー 世界を旅して得たさまざまな感覚と真実を綴ったトラベルブログです。 2014年にバンコクに移住し、2016年に第一子を出産しました。これからもカメラを片手に、愛する家族と世界中を旅し続けます。

世界の出来事

女性がもっと気軽に「がん検診」に行けるような社会を望む

更新日:

女性、気軽、がん検診、行く、社会、望む

世界でがんのために死亡する女性は2012年の350万人から、2030年までにはほぼ60%増の550万人に達するとの見通しを「米がん協会」が明らかにしました。

特に低所得層と中所得層の国ではがんによる死者が急増すると予想。

スポンサーリンク

そうした国では寿命が伸びる一方で、喫煙や不健康な食生活といったリスクの高い習慣が広まりつつあると指摘しています。

がんは所得が関係している?

女性、気軽、がん検診、行く、社会、望む
2012年の時点でのがんの報告率は、検査が普及していることもあって高所得の国の方が高いという結果がでています。

■がんの症例数が多い国
1位 デンマーク

2位 米国

3位 韓国

4位 オランダ

5位 ベルギー

米国ではがんの発生率と死亡率が1991年以来20%低下しているのです。

これは主に喫煙対策や治療が進んだことに起因しています。

一方、医療態勢が整っていない貧困国ではがんによる死亡率が高いまま。

■がんによる死亡率が高い国
・ジンバブエ

・マラウイ

・ケニア

・モンゴル

・パプアニューギニア

「乳がん」は早期発見が治療の鍵に

女性、気軽、がん検診、行く、社会、望む

乳がん患者の5年生存率は、カナダ、オーストラリア、イスラエル、ブラジル、北欧や西欧といった所得の高い国では85%を超えています。

一方、南アフリカ、モンゴル、アルジェリア、インドなど低~中所得の国では60%以下だった。

世界で2012年に死亡した女性のうち、がんで死亡した女性は心血管系疾患に次いで2番目に多かったのが乳がん、結腸直腸がん、肺がん、子宮頸がんによる死者が多数を占めています。

女性、気軽、がん検診、行く、社会、望む

世界的には乳がんの症例数が最も多いものの、中国と北朝鮮では肺がんが乳がんを上回っています。

その理由について報告書を執筆したサリー・コウェル氏はこう解説しています。

「中国では男性の約50%、女性の2%が喫煙している結果に。このため多くの女性が受動喫煙にさらされています。言うまでもなく環境汚染の影響もあります。」

アフリカでは「子宮頸がん」が最も多い

女性、気軽、がん検診、行く、社会、望む
HIVに感染していると子宮頸がんにかかる確率が5倍になるんだとか。

「アフリカ南部や東部ではHIVの感染率が高いため、子宮頸がんの罹患(りかん)率も高い」とサリー・コウェル氏は言います。

女性のがんによる経済損失は、2009年に世界で2860億ドル(約29兆円)と推定されています。

日本人のがんへの理解

女性、気軽、がん検診、行く、社会、望む
今20代、30代の女性に「がん」が増えていることをご存知ですか。

しかし、驚くべきことに日本人女性の検診比率は、他の先進国に比べ決して高くはないのです。

そうした中、女性の健康への意識を高め、がん検診比率を引き上げようと、婦人科系疾患の予防啓発活動に取り組む一般社団法人シンクパールが主催する「NIPPON女性からだ会議」が開催されました。

女性を中心とした100名近い人が参加。

女性は月経の管理が大切で、思春期から生理を大切にしてもらいたい述べ、ワクチンを安心して打てる状況が来る日が1日も早くくることを望む、と締めくくった。

子宮頸がんは、20代、30代にかかる割合が高い。

産婦人科医の宗美玄氏は、乳がん検診は極めて成功しているが、子宮頸がん検診はあまり普及してないと指摘。

女性なら誰しも、産婦人科に検診に行くことに躊躇してしまいますよね。

日本でももっと気軽に思春期から産婦人科に検診に行けるようになるといい、と述べていました。

最後に

このような報告やイベントは、女性にとって自らの身体を知ること、健康な状態を維持するために何をすべきか、改めて考えさせらえれますね。

自分は大丈夫と勝手に判断せずに、定期的に検査に行くことが、あらゆるがんの早期発見につながります。

また、男性が愛する人の健康を積極的に考える社会にするためにも、男性側の理解も望まれます。

-世界の出来事
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.