ライフスタイル

日常の小さなミラクル「シンクロニシティ」が教えてくれるもの

更新日:

日常、小さなミラクル、シンクロニシティ、教えてくれる

日常生活には、実はたくさんのシンクロニシティが、ちりばめられています。

たとえば、誰かに電話をかけようと思ったときに偶然かかってくる、同時にメールを送り合う、街の雑踏の中に知り合いをみつけるなど、意図してやろうと思ってやってもできないような偶然が重なる。

これらの出来事は、シンクロニシティと呼ばれる現象かもしれません。

シンクロニシティとは

日常、小さなミラクル、シンクロニシティ、教えてくれる
20世紀を代表する心理学者の一人であるカール・ユングが提唱した「意味のある偶然の一致」という現象。

体験者や目撃者にとって重要な意味を持つ出来事を指します。

その出来事が自分にとってどんな意味があるのかに注目することで、探していた答えやヒントが見つかったり、気づきや悟りが促されるとも言われています。

日本語では「共時性・共時現象・同期生・同時性」と訳され、心理学の世界で研究されいます。

物理的に説明できない

日常、小さなミラクル、シンクロニシティ、教えてくれる
現代心理学では、直感を高めて心の声に耳をすますツールとして使われることもあるシンクロニシティ。

誰の日常にも起きており、それに気づいて上手に利用している人もいれば、ただの偶然だと片付けてしまう人もいるでしょう。

たとえば、朝食べるもの、その日に着るものや、家を出る時間、通勤路、メールや電話をするタイミング、誰と会ってどこで時間を過ごすのかなど、わたしたちは、たった1日の中でも数え切れないほどの決断をしています。

そんな数ある決断の結果、起こった出来事の中に、もしなにかの偶然が発生したのであれば、それはさまざまなタイミングが重なり合って起きた、注目に値する出来事だと言えます。

スポンサーリンク

物理的な因果関係が説明できない偶然の一致。

シンクロニシティは、ときに頭で考えてすぎてしまう傾向があるわたしたちに、「違う角度から物事を見つめてみること」を教えてくれるのです。

こんなことに注意してみる

日常、小さなミラクル、シンクロニシティ、教えてくれる
・イライラするのをやめる

・落ち着いて深呼吸をする

・心に栄養をあげる

・心で感じる時間を作る

・心にじっくりと浸る時間を作る

・懐かしい曲を聴いてみる

・インスピレーションで本を探してみる

シンクロニシティには、大きなものから小さなものまでさまざまな種類があります。

やたらと赤信号にひっかかる日ってありますよね。

なぜこの偶然が起きたのかをシンクロニシティの考えに置き換えてみると、「このままい急いで先に進んでもいいことはない」というメッセージかも、と受けとることができます。

それは普段見過ごしがちなことで「自分の心の声に目を向けてみて」というメッセージだと受け取ることができます。

その瞬間ポジティブな感情が湧くか、ネガティブな感情が湧くかで、人の気持ちや行動は異なってきます。

ミラクルを見つける

日常、小さなミラクル、シンクロニシティ、教えてくれる
シンクロニシティなんてしょっちゅうだ、という人もいれば、シンクロニシティなんて起こったことがない、という人もいるかもしれません。

いろいろな偶然のタイミングが重なりあって起きるシンクロニシティは、いわば日常の小さなミラクル。

あなたの波動が高ければ高いほど、そのミラクルは簡単に起こるものです。

意識していないと見逃してしまうけれど、逆に意識して探すことでどんどん見つけやすくなり、日常にミラクルが増えていきます。

シンクロニシティに気づくことは、自分の経験していることや、いま自分の人生に起きていることに意識を向けている証拠。

毎日の小さな出来事にも、いろんなメッセージを見つけることができるのだと気づかせてくれます。

最後に

誰かのことを考えていたらその人から電話がかかってきた。
本屋さんでたまたま手に取った本が、自分を悩みを解決に導いいてくれた、など結構身近に起きていませんか?
シンクロニシティは自分次第でどんどん変化できるのです。
また、自分を中心に戻すきっかけとして使うことができます。
今までの自分を見つめ、丁寧に暮らしていくためのツールとして活用すれば、毎日がもっと面白くなるはずです。

-ライフスタイル
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.