アート・カルチャー

子連れで楽しめる、フォトジェニックな美術館「バンコク アート&カルチャーセンター」

更新日:

子連れ、楽しむ、フォトジェニック、美術館、バンコク アート&カルチャーセンター

今日ご紹介するは、サイアム地区にある「Bangkok Art and Culture Centre (BACC)」(バンコク・アート・アンド・カルチャー・センター)です。

BTSナショナルスタジアム駅3番出口より直通の好立地な場所にあります。
子連れ、楽しむ、フォトジェニック、美術館、バンコク アート&カルチャーセンター

3番出口に向かって50メートルほど進むと、左手に「BACC」へ通じる通路があります。

子連れ、楽しむ、フォトジェニック、美術館、バンコク アート&カルチャーセンター

外観はBTS側からは巨大なプミポン前国王が描かれ、MBK側からはポップなアート作品が目印になっています。

子連れ、楽しむ、フォトジェニック、美術館、バンコク アート&カルチャーセンター
子連れ、楽しむ、フォトジェニック、美術館、バンコク アート&カルチャーセンター

特別な手続きもなく、いきなり3階のギャラリースペースにつながっています。

子連れ、楽しむ、フォトジェニック、美術館、バンコク アート&カルチャーセンター

ここは2008年に完成したタイを代表するミュージアム。

国内外問わず、伝統的・近代的・国境や時代やジャンルを超えたアート作品を集めています。

スポンサーリンク

9階から7階のギャラリースペースに加えてショップ、ライブラリー、カフェも併設。

美術企画展のほか、音楽や詩、演劇パフォーマンス、映画や文学に関するセミナー、キッズ向けワークショップも行われています。

子連れ、楽しむ、フォトジェニック、美術館、バンコク アート&カルチャーセンター

しかも、バンコク芸術文化センター財団が運営・管理している施設なので、入場料がなんと無料。

インフォメーションカウンターとロッカーが、何故か5階にある不思議な造り。

子連れ、楽しむ、フォトジェニック、美術館、バンコク アート&カルチャーセンター
因みにロッカー使用料は10~20バーツです。

筆者たちは5階から降るように見て回りましたが、11月はプミポン前国王の葬儀の一面を切り取った写真で埋め尽くされていました。

子連れ、楽しむ、フォトジェニック、美術館、バンコク アート&カルチャーセンター

このらせん状のスロープがフォトジェニックでアーティスティック。

子連れ、楽しむ、フォトジェニック、美術館、バンコク アート&カルチャーセンター

途中の4階、5階にはスタジオやミーティングルーム、カフェ、ギャラリーも併設されており、タイの最新アートシーンをめぐるには絶好の場所。

子連れ、楽しむ、フォトジェニック、美術館、バンコク アート&カルチャーセンター

タイの伝統を尊重しながらも、現在アートと掛け合わせた独創的な作品を見たり買ったりすることができます。

何度もタイに来ている人や、アート好きのお友達にはここでタイ土産を探すものありかも。

1階の入り口には2体の未来人像と、イベントホールも完備。
子連れ、楽しむ、フォトジェニック、美術館、バンコク アート&カルチャーセンター

カフェは4階に「Gallery Drip Coffee」と1階に「Art Café」、それと2階にもあったような。
子連れ、楽しむ、フォトジェニック、美術館、バンコク アート&カルチャーセンター
子連れ、楽しむ、フォトジェニック、美術館、バンコク アート&カルチャーセンター

どこも席数は限られていて、ランチというよりは軽くお茶する程度の広さです。

さらに、B1にあるライブラリーはタイ王室関連の本やアート本が自由に閲覧できます。
(利用時間 10:00~18:00)

子連れ、楽しむ、フォトジェニック、美術館、バンコク アート&カルチャーセンター

入り口で名前や国籍などを記入します。

パソコンも30分無料で使えるようです。

子連れ、楽しむ、フォトジェニック、美術館、バンコク アート&カルチャーセンター

ライブラリーの奥にちょっとしたキッズスペースがあって、絵本やワンダーワールド社のおもちゃがいくつか用意されています。

子連れ、楽しむ、フォトジェニック、美術館、バンコク アート&カルチャーセンター

絵本はタイ語と英語のみ。

子連れ、楽しむ、フォトジェニック、美術館、バンコク アート&カルチャーセンター

子供向けのアートブックもありました。

子連れ、楽しむ、フォトジェニック、美術館、バンコク アート&カルチャーセンター
図書館だけあってまわりはシーンと静まりかえっているので、子供の声やおもちゃの音が若干気になりますが、ここの扉を閉めると注意されるので、ドアは開放したままでOKのよう。

子連れ、楽しむ、フォトジェニック、美術館、バンコク アート&カルチャーセンター

大きな子だとすぐに飽きてしまうかもしれませんが、1歳前ならまあまあ遊べると思います。

店舗概要
住所 : 939 Rama 1 Road, Wangmai, Pathumwan, Bangkok 10330
TEL :02-214-6630
営業時間 :10:00-21:00
定休日 :月曜日、12/31、1/1、タイの旧正月
入場料 :無料(イベントによっては発生する可能性も)
公式ホームページ :http://en.bacc.or.th/

子連れ、楽しむ、フォトジェニック、美術館、バンコク アート&カルチャーセンター
アクセス :BTSナショナルスタジアム駅3番出口より徒歩約1分。
スカイウォーク左手の白い建物。

最後に

月曜日以外は夜9時まで開いているので、食事の後のデートにもつかえそうですね。
何と言っても無料というところが嬉しいです。
11月現在はプミポン前国王に関する展示だけですしたが、アートが好きな人はホームページを事前にチェックして行ってみるのもいいかもしれませんね。
またMBK、サイアム・ディスカバリー、サイアムスクエアのすぐ近くにあるので、時間調整で覗いてみては?

-アート・カルチャー
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.