コラム

お腹が空いてくる世界のグルメと人との出会いをまとめた阿川佐和子さんのエッセイ

更新日:

お腹が空く、世界のグルメと人との出会い、阿川佐和子のエッセイ、おいしいおしゃべり

今日ご紹介する本は阿川佐知子さんの「おいしいおしゃべり」です。

スポンサーリンク

「おいしいおしゃべり」は阿川佐和子さんの待望の、美味しいグルメと人をテーマにしたエッセイ集です。

タイトル:おいしいおしゃべり
著者:阿川佐和子
出版社:東京書籍
出版日:2000年8月
購入価格:533円
ジャンル:エッセイ

阿川佐和子(あがわ さわこ)

1953年東京生まれ。

日本のエッセイスト、タレント。

慶應義塾大学文学部西洋史学科卒業。
父親は小説家の阿川弘之さん。

■阿川さんの受賞歴
1999年「ああ言えばこう食う」講談社エッセイ賞
1999年「ウメ子」坪田譲治文学賞
2008年「婚約のあとで」島清恋愛文学賞

あらすじ

TV、エッセイ、小説と幅広くご活躍の阿川佐和子さんのエッセイをまとめた一冊。

台湾の小籠包、二月のニラブタ、とれたてのいんげん豆のバター炒め、アメリカのアップルパイなどお腹が空いてくる題材ばかりです。

とっておきの味の出会いは、とっておきの人との出会いと同じくらい忘れ難いもの。

自己流料理のモットーにする著者が、世界中で出会った美味しい思い出をまとめたものです。

短期旅行の台湾やイタリアに、長期滞在していたアメリカの食文化も紹介されています。

第三章の「おいしいおしゃべり」では、幼い時の話や身近で起きた出来事が描かれています。

個人的には第一章、第二章のエッセイより、第三章が読みやすく面白かったです。

お腹が空く、世界のグルメと人との出会い、阿川佐和子のエッセイ、おいしいおしゃべり

最後に

阿川佐知子さんは海外移住経験もあり、適度にサバサバした感じが読んでいて感じられます。
テレビでも見せてくれる素敵で面白い人柄と、美味しいものが沢山詰まった女性向けの1冊です。

-コラム
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.