Book

道南の自然の美しさ、戦後復興・高度成長期「大沼ワルツ」谷村 志穂

更新日:

自然の美しさ、戦後復興、高度成長期、大沼ワルツ、谷村 志穂

今日ご紹介する本は、谷村 志穂さんの「大沼ワルツ」です。

タイトル :大沼ワルツ
著者 :谷村 志穂
出版社 : 小学館
出版日 :2019年11月11日
Kindle価格 :803円
ジャンル :文庫

谷村 志穂(たにむら しほ)

1962年札幌市生まれ。

北海道大学農学部卒業後、雑誌編集者などを経て作家に。

1990年『結婚しないかもしれない症候群』がベストセラーになる。

1991年『アクアリウムの鯨』で小説家デビュー。

2003年、郷里の北海道を舞台に描いた『海猫』で第10回島清恋愛文学賞受賞。

ウィキペディアより: 谷村志穂

内容紹介

自然の美しさ、戦後復興、高度成長期、大沼ワルツ、谷村 志穂
大沼を開拓した者たちの係累として、大沼の地で自分たちらしく根を張ろうとした小さな母と、長身の三兄弟。

また、大沼を自分たちの新天地と考えて、山梨より順に嫁いでいくことになる、それぞれに個性の異なる三姉妹。

この大家族は、様々な困難に見舞われながらも、この地に新風を注ぎ込んでいく。

奇跡の三夫婦が奏でた大恋愛と大家族の物語。

北海道を舞台に数々の小説を発表してきた著者が、5年の歳月をかけて紡ぎ上げた渾身の作品。

大沼の美しい風景とそこに嫁ぎ暮らした三姉妹、彼女らと幸せを紡いだ三兄弟は実話に基づくお話。

読み進むと、そこには兄弟の母の深い思いが底を流れていることに気付きます。

家庭の歴史を追うように、時間の流れにそって物語は美しく進みます。

この時代の大沼を訪れたくなる、そんな一冊です。

あとがき

文章がきれいで、クセもないので読みやすいです。
読み進めると昭和の世界観が蘇るようです。
最後まで素直に、読める本です。

-Book
-

Copyright© visiomire.com , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.