タイ移住

本格デリに、珍しい輸入食材が手に入る「セントラルチットロム」

更新日:

本格デリ、珍しい、輸入食材、手に入る、セントラルチットロム

セントラルデパートはタイ全土に支店があり、誰もが知っているショッピングセンターです。

その中でもバンコクのチットロムは旗艦店で歴史が長く、富裕層のタイ人や、イギリス大使館やアメリカ大使館で働く西洋人に非常に人気があります。

建物は7階建で、下から食料品、化粧品、靴、バッグ、婦人服、紳士服、インテリア雑貨、旅行用品、おもちゃ、ランジェリー、書籍、文房具などをとり扱っています。

お隣には2年前にオープンしたセントラル エンバシーがあり、2階から専用連絡通路で行き来できます。

本格デリ、珍しい、輸入食材、手に入る、セントラルチットロム
そのセントラルチットロムの食品売り場が一部リニューアルオープンしました。

以前のようにお店の奥にフードコートと、テラス席が完成。

といっても入店しているのは、

スポンサーリンク

5つ星ホテル「Four Seasons(フォーシーズンズ)」やシンガポールの代表料理「海南鶏飯」など高級店ばかり。

気軽に子連れで行けるフードコートではなく、タイ人のセレブ層が多く利用していました。

本格デリ、珍しい、輸入食材、手に入る、セントラルチットロム

そのお隣は高級感溢れる”Deli Bar”。

本格デリ、珍しい、輸入食材、手に入る、セントラルチットロム

西洋人が監修する本格的な洋食のお惣菜は本当におすすめです。

専用容器に入れてもらうか、自分でサーブしてグラムを図ってもらいます。
本格デリ、珍しい、輸入食材、手に入る、セントラルチットロム

お会計は食品と同じレジに並びます。

もちろん、タイ料理もあります。

ここのタイ料理はどれを食べても美味しいです。

パルマハムやプロシュート、本格サラミのお店や、牡蠣やロブスターを扱うお店もあります。

ハラル料理専門店もリニューアルを機に仲間入りしました。

写真は撮っていませんが、盛られている食器も素敵で、お惣菜も美味しそうでした。

その他、フランスのブーランジェリー「PAUL(ポール)」や、タイ人シェフのパティスリー「Rose Mary(ローズマリー)」が新たに入店しました。

本格デリ、珍しい、輸入食材、手に入る、セントラルチットロム
本格デリ、珍しい、輸入食材、手に入る、セントラルチットロム

フォトジェニックなケーキ!タイで有名なシェフが作る「ローズマリー」

デザートコーナーの先には「Donq(ドンク)」とセントラルのパン屋さんが並びます。

種類も豊富なので、デリと一緒に購入してみてはいかがでしょうか。

イタリアのコーヒーチェーン「Segafredo(セガフレード)」、300年の歴史をもつイギリスの紅茶専門店「Twinings(トワイニング)」は同じ場所に健在です。

本格デリ、珍しい、輸入食材、手に入る、セントラルチットロム

本格デリ、珍しい、輸入食材、手に入る、セントラルチットロム

食品売り場は若干配置が変わっただけ、広々見やすいです。

白人のお客さんが多いため、お酒やお菓子は珍しい輸入物が手に入ります。

店舗概要
住所 :1Floor,1027, Phloen Chit Rd, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok, 10330
TEL :02-793-7777(代表)
営業時間 :10:00~22:00
定休日 :なし

本格デリ、珍しい、輸入食材、手に入る、セントラルチットロム
アクセス :BTSチットロム駅より徒歩1分。5番出口直結

最後に

いつ行っても混んでいるサイアムはほとんど行かず、日本人だらけプロンポンも足が遠のき、最近よく行くのはこのセントラルチットロムです。
土日でもさほど混んでおらず、ゆっくり買い物できるので気に入っています。
またお隣のマーキュリーヴィレも土日は閑散としているので穴場です。

-タイ移住
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.