子育て

生後9~11ヶ月は離乳食の”カミカミ期”へステップアップ

更新日:

生後9~11ヶ月、離乳食、カミカミ期、ステップアップ
生後9〜11カ月ごろになると、1日3回食へと進んでいきます。

生活のリズムや食べるものも大人に近づいてくるので、家族みんなで食卓を囲むこともできるようになるのが、この9〜11カ月ごろからです。

3回食へ進むタイミング

生後9~11ヶ月、離乳食、カミカミ期、ステップアップ
1、豆腐をモグモグと上手に舌で潰すことができる。
2、1回におおよそ子ども茶碗1杯分を食べきることができる。

進み方は個人差があります。

スポンサーリンク

まわりと比べずに、子供に合わせたスピードで進めてあげましょう。

注意することは夜寝る時間が遅くならないよう、遅くても19時までに食べ終わるようにすること。

パパ・ママも早寝早起きを心がけ、子供と一緒に規則正しい生活を送れるとベストですね。

コップやストローの練習

この頃からはコップを使う練習もできるようになります。

唇の機能の成長を促すためにも、お子さまが嫌がらなければ少しずつコップで水を飲む練習を取り入れてあげましょう。

またスパウトを使っている子も、徐々にストローやコップに移行していきましょう。

幅が広がる食材

生後9~11ヶ月、離乳食、カミカミ期、ステップアップ
この時期に食べられる食材は、赤身魚や豚・牛ひき肉などが増えます。

この時期鉄分が不足しがちになります。

赤身魚やレバー、ほうれん草などを積極的に取り入れましょう。

レバーなどは料理しづらいものは、市販のベビーフードを利用すると便利です。

ご飯は五分がゆから軟飯で、柔らかさはバナナくらいの歯茎で潰せる固さがちょうどいいです。

野菜などの大きさは5〜8mmほどが目安。

料理はお子さま用に味付けをして家族で同じものを食べることも可能です。

大人と同じ味付けだと塩分や糖分が多く含まれているので、野菜やお肉などをじっくり煮たあと、味をつける前に取り分け、小さく切ってあげるとよいでしょう。

また、手づかみで食べることも活発になります。

洋服や床など汚れるのは覚悟で、 野菜や果物を1cm角くらいのスティック状にしてあげてみましょう。

遊び食べ

生後9~11ヶ月、離乳食、カミカミ期、ステップアップ

子供にとってのおやつは「補食」にあたります。
おやつをあげるときは、夕食に差し支えのない範囲で果物やヨーグルト、乳幼児用のせんべいなどを決まった時間に決まった量をあげることがポイントです。

ぐちゃぐちゃと手でかき混ぜたり、こぼしたり「遊び食べ」も目立ってきます。

子供が集中して食べることができるのはおよそ15分と言われています。

このような時、子供が口に一生懸命運ぼうとしていたりと食べようと意欲が見られる場合はそのまま見守ってあげましょう。

あきらかに食べ物で遊んでいて、食べる意欲が見られない場合は「おしまい」と声をかけて切り上げましょう。

生後9~11ヶ月、離乳食、カミカミ期、ステップアップ

最後に

3回食になると大人と一緒に食事を楽しむこともでき、親も少し楽になります。
遊び食べや食べムラなど悩みもつきませんが、ひとりひとりに合わせてあせらずゆっくりと進めていきましょう。
一番大事なことは、子供が「ご飯っておいしい・楽しいな」というみんなの笑顔です。

-子育て
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.