Sweets

モダンな表現で魅せるプティガトー「カカオエット・パリ」武蔵小山

更新日:

モダン、プティガトー、カカオエット・パリ、武蔵小山

※新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

今日ご紹介するお店は武蔵小山に新しくできたパティスリー「Cacahouete Paris」(カカオエット パリ)です。

2006年12月22日に中目黒に開業したフランス洋菓子店。

その「カカオエット パリ」の2号店として2020年6月19日に武蔵小山にオープンしました。

モダン、プティガトー、カカオエット・パリ、武蔵小山

オーナーシェフ兼パティシエを務めるのはフランス人のジェローム・ケネル氏と、製造責任者の椛沢貴子氏。

ケネル氏はパリ最高級ランクのホテル「プラザ・アテネ」レストラン製菓部門の2番手シェフとして活躍。

その後、世界的にも有名なお菓子の「ピエール・エルメ」にての部門責任者として活躍後、ホテル「プラザアテネ」にて2番手シェフ(スーシェフ)を経て、日渡。

椛沢氏はアメリカのCCA ( The California Culinary Academy)にて製菓を学び、渡仏。

フランスのパリのル・コルドン・ブルーにて製菓・料理を専攻し、修了証を取得。

フランス在留の7年間でラデュレやピエール・エルメなどで修行したことのある凄腕の持ち主です。

外観はガラス張りで、リスのキャラクターとロゴが描かれた黒い壁紙が印象的。

入って正面のショーケースには、キラキラと光る宝石のようなケーキがずらりと並んでいます。

ショートケーキ、モンブラン、ババロア、タルト、チーズケーキ、ロールケーキ、チョコやキャラメルなどなど。

ケーキのラインナップは他のケーキ屋さんとは変わりませんが、細かなディティールにもこだわった芸術的なケーキは見ているだけでも幸せな気分にさせてくれます。

モダン、プティガトー、カカオエット・パリ、武蔵小山

そんな「カカオエットパリ」のお菓子は、フランスのエスプリを持ち、かつフランスの伝統を重視しながら、大切にひとつひとつ作り上げられています。

また、店内にはオリジナルグッツの他、ジャムや焼き菓子なども販売しています。

マカロン ラブ(650円税込)

モダン、プティガトー、カカオエット・パリ、武蔵小山
2010年のホワイトデー限定の商品、マカロンとピスタチオクリームそしてフランボワーズのケーキ。
マカロンのフォルムそっくりのピスタチオケーキの中から、とろっと出てくるフランボワーズソース。

モダン、プティガトー、カカオエット・パリ、武蔵小山
マカロンのサクサクとした軽い食感も面白いです。
味は言うまでもなく完璧で、全体が計算し尽くされています。
一つのケーキで味はもちろんのこと、見た目や創作といった点も楽しめます。

ショートケーキ フレーズ(640円税込)

モダン、プティガトー、カカオエット・パリ、武蔵小山
丁寧にそして上品に作られたまーるい苺のショートケーキ。
ホイップクリームはミルキーでやさしい甘さ。
スポンジも甘すぎず、子どもも喜ぶ定番のケーキです。

ケーキに合わせて、カフェアメリカーノ、カフェラテ、カプチーノ(以上、S/380円、M/420円)や、自家製ジンジャーエール(390円)、飲むショートケーキ(640円)などユニークなドリンクメニューもあります。

カカオエットパリ武蔵小山店
■住所 :東京都品川区荏原3-8-7
■Tel :03-6426-2350
■営業時間 :10:00〜19:00
■定休日 :木曜、第3水曜
■Webサイト :www.cacahouete-paris.jp/
■アクセス :武蔵小山商店街パルムの中腹あたり

あとがき

武蔵小山商店街パルムに突如現れたオシャレなケーキ屋さん。
黒い外観に浮かび上がるようにディスプレイされたケーキの数々。
お値段は少々高めですが本場フランスのパティスリーが楽しめますよ。

関連記事: 旬のフルーツを使ったタルト専門店「Delices tarte&cafe」@武蔵小山

-Sweets
-,

Copyright© visiomire.com , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.