世界の出来事

人生は一度きり,,,思い切って海外のスクールに特殊技能を身につけに行く!

更新日:

人生一度きり、海外の専門学校

今若い人、特に女性の海外留学が増えています。

最も定番なのは、その国で語学を身につける『語学留学』。
それと期間限定で海外で働く『ワーキングホリデー』が最も人気があります。

スポンサーリンク

しかし最近はそれだけでは物足りず、様々な特殊技能を身につけられる、趣味の学校、いわば専門学校に入学する人も多いようです。

そこで今日はロンドンと、フランスの専門学校をご紹介します。

ロンドン

■アートヒストリー

クリスティーズ・エデュケーション
世界に名だたるオークションハウス「クリスティーズ」に隣接し、多くの美術品に囲まれながらアートや歴史を学べるのがこの学校。
授業ではレクチャーの他様々な展示会やイベントのビジェット、更に学生同士のオークションやエキシビションのプログラムなどが行われる。

■ニットデザイン

チェルシー・カレッジ・オブ・アート・アンド・カレッジ
ステッチやプリントとともにニットの専攻も人気が高い。
学校は多くの企業やトップメゾンとの繋がり深い。
提示されるテーマに沿って行われるクライアント・プロジェクトでは、優秀な学生に研修の機会もあたえられる。

人生一度きり、海外の専門学校

フランス

■アタッシド・ドゥ・プレス

エファップ
フランスではあらゆるメディア・コントロールの権限を持つアタッシェ・ドゥ・プレスは社会的にも一目置かれ優秀なプレスは、他のメゾンからスカウトの話がくる人気の職業。
ひとつの企業のイメージを任される訳ですから、物事を見極める距離感と、コミュニケーションの重要性をまずは身につけることから始めます。

■ステンドグラス

ラ・メゾン・デュ・ビィトライユ
中世から協会の窓を飾ってきた装飾ガラスヴィトライユはヨーロッパが本番。
ビィトライユを作ったり、ガラスの修復をする技法を身につけたり、アート性と細かな手仕事を必要とする仕事。

帽子

■リセ・オクターヴ・フイエ
アトリエのテーブルにはフェルトや麦わらといった帽子の素材が広げられ、6-7人の生徒が思い思いにデザインした帽子を熱心に作っている。
素材のカッティングから始まり、素材に合ったデザインにの仕方、モードの傾向と言った内容を2年間で学ぶ。

人生一度きり、海外の専門学校

日本でもちょっと変わった習い事や、様々な検定が登場し、昔より細かく分類されるようになってきた現代。
しかし、自分の眠っている可能性を世界に発信してみたいと思う、人は多いのではないでしょうか。
世界には日本以上に個性豊かな強者が揃い、毎日がとても刺激的な生活を送れること間違いなしです。

-世界の出来事
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.