カフェ

古民家をリノベーションした味わいのある「中沢カフェ」障害者支援と地域復興にも役立っている

投稿日:

古民家をリノベーション、味わいのある、中沢カフェ、障害者支援、地域復興

今日ご紹介するお洒落カフェは群馬県にある「中沢カフェ」です。

「中沢カフェ」は江戸時代に造られ、初めは酒屋を営んでおり、その後薬屋となりました。

ここでは注文が入ってから淹れてくれるブレンドコーヒーや、特製チーズケーキが手頃な値段で食べられます。

スポンサーリンク

元は中沢さんという女性が暮らしており、およそ100年の民家を障害者支援のために無償で提供し、その後趣のあるカフェに生まれ変わらせたのです。

古民家をリノベーション、味わいのある、中沢カフェ、障害者支援、地域復興

カフェの場所は、群馬県伊勢崎市境町の国道354号線沿いにあります。

明治20年代に建てられた木造二階建ての「中沢カフェ」は2015年4月にオープンし、群馬県の上毛新聞や読売新聞のamigo(毎月金曜日発行)にも取り上げられました。

チーズケーキ( 単品300円)+ホットカルピス(100円)

古民家をリノベーション、味わいのある、中沢カフェ、障害者支援、地域復興

古民家をリノベーション、味わいのある、中沢カフェ、障害者支援、地域復興

ガトーショコラ+ブレンドコーヒー(ケーキセット450円)

古民家をリノベーション、味わいのある、中沢カフェ、障害者支援、地域復興

営業時間は10時から16時までで15時までは障害者のスタッフも共にお店で働いおり、コミュニケーションをとることができます。

「中沢カフェ」のもう一つの魅力は障害者の人たちが作った手作りクッキー、アクセサリー、手織りもの、手書きのポストカード、ぶどうの木(別館)でつくられてる新鮮野菜が販売されており、お茶をしなくてもちょっと寄ってお買い物もできます。

また、お店の奥にある庭園は一般解放されています。

今回訪れた時は奥のお座敷に女性が会話を楽しんでおり、手前のテーブル席は近所のお年寄りの憩いの場になっていました。

今後は地元の人たちもカフェを支援し、町の活性化にも繋がるとしてここを拠点にしていきたいと意気込んでいます。

古民家をリノベーション、味わいのある、中沢カフェ、障害者支援、地域復興

詳細
住所:370-0124 伊勢崎市境281

TEL:0270-74-0668
営業時間:10:00~16:00
定休日:年末年始
駐車場:あり(7台)

古民家をリノベーション、味わいのある、中沢カフェ、障害者支援、地域復興

イベント情報
amp(art meet perforormance)

開催期間:8/27(木)~9/1(火)
開催場所:八木橋百貨店8階カトレアホール(熊谷)
開催時間:10:00~18:00
入場:無料

出展内容
(食品)
クッキー、ジャム、はちみつ、味噌、せんべいなど
(雑貨)
木工製品、布製製品、Tシャツ、ステーショナリー、アートグッツなど

最後に

今回訪れたのは閉店時間間際で、慌ててケーキセットを食べて帰ってしみまいましたが、スタッフの方は皆さん気さくでカフェが出来るまでのことや、別の施設「ぶどうの木」の活動をいろいろを細かく説明してくださいました。
ケーキは甘さ控えめで、チーズケーキは濃厚でとても美味しかったです。
メニュー数は少ないですが、何と言っても価格が手ごろで落ち着きのある内装は時間を気にせずゆっくりくつろげます。

-カフェ
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.