Book

「今年もありがとう。来年もよろしくお願いします。」

更新日:

今年もありがとう 来年もよろしくお願いします
「子どもがいると一年があっという間だよ」とよく言いますが、まさにその通りで娘が歩き出したと思ったらバタバタと一瞬で過ぎ去ってしまったこの一年。
一年を振り返るよりは、来年どんな年になるか夜な夜な思いふけてみたり。
そうすると、さざ波のように胸がざわざわして目が冴えてしまうのが落ち。
それはただ単に年末をベトナムで過ごすからなのか、忘れ物はないか飛行機の中で娘が暴れないか、常に心配事は尽きません。

今年もベトナムで年越し

今年もありがとう 来年もよろしくお願いします
去年のニューイヤーはベトナムのダナンとホイアン。
今年はベトナム最南端にあるフーコック島に決めました。
別にベトナムラヴァーではないけれど、子どもが静かにしていられる飛行時間を考えるともうベトナムしか選択肢がなかっただけですが。
それと相まって、今年の秋にバンコクエアウェイズがスワンナプームからフーコックまでの直行便をだし、今まであまり知られていなかったベトナム最南端の秘島のベールが剥がされようとしているのです。
元々欧米人に人気がある島でしたが、最近は日本人旅行者も徐々に増えているようです。
最近はもっぱらカフェブログになってしまっていますが、本来は観光地の見どころをまとめたトラベルブログや、その国の情勢などをわかりやすく解説したジャーナリズムライターを目指していた筆者。
来年はもっとビジネスライクなブログにしようか検討していて、ベトナム・フーコック島の情報もわかりやすくご紹介するつもりです。

時代はデジタルネイティヴに。

インスタ始めます

今年もありがとう 来年もよろしくお願いします
情報だけではなくテンションなんかも自分なりにしっかり発信していけたらいいなと思い、今更ですが来年からInstagramを始めてみます。
まだローンチしていませんが、他にも新しいプロジェクトを考えていて来年は確実に変化がありそう。

来春本帰国か

今年もありがとう 来年もよろしくお願いします
もう一つお伝えしなければならないことがあって、それは来年早くて3月末に日本に本帰国することが決まりました。
これは家族で話し合って決めたことで、タイの生活にもう何の未練も後悔もありません。
タイがいいか、日本がいいかなんて本人のモチベーション次第です。
なので自動的にブログの内容は日本ベースに戻ります。
拠点はまだ決まっていませんが、生活ラインが整ったらまたブログを更新していこうと思っています。
今年もありがとう 来年もよろしくお願いします

最後に

この4年間でみるみるうちに自分らしさがなくなり、影の薄い普通の主婦になってなってしまった筆者。
一つの季節しかなく、おしゃれを楽しんだり、旬のものを味わってほっこりしたりそんなたわいもないことすら感じることもなく、まっすぐ平坦だったこの4年間。
2017年12月31日は、一年の終わりというよりはタイの生活に幕を閉じるという大きな転機にそわそわ、わくわくが止まりません。

-Book
-,

Copyright© visiomire.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.