Art Trip

チャオプラヤー川沿いにあるアート街「ジャルンクルン通り」を散策

投稿日:

チャオプラヤー川、近く、アート街、ジャルンクルン通り、散策

タイ・バンコクは旅行客はもちろんのこと、ビジネスやロングステイ先としてやってくる外国人が多く、たくさんの外国人がここに集まってきます。

スカイトレインのBTSや地下鉄のMRTはどんどん路線を先に延ばしているし、一歩外に出ればタクシーやバイクタクシーもそこらじゅで待機しているので、移動の足に困ることはありません。

今回筆者が訪れたのは、あまり聞き馴染みのない「Charoen Krung Road(ジャルンクルン通り)」という所。

チャオプラヤー川、近く、アート街、ジャルンクルン通り、散策

ここの道は150年前のラマ4世の時代に馬車を支障なく通行させるために造られた、タイで初めての車道なんだとか。

チャオプラヤー川、近く、アート街、ジャルンクルン通り、散策

チャオプラヤー川と並行して走るジャルンクルン通りには大学を初め、重厚感ある中央郵便局やタイランド・クリエイティブ&デザインセンターなどがあります。

チャオプラヤー川、近く、アート街、ジャルンクルン通り、散策
チャオプラヤー川、近く、アート街、ジャルンクルン通り、散策

スポンサーリンク

また、最近はリノベされたブティックホテルやお洒落カフェもこの辺りにちょこちょこ増えてきています。

チャオプラヤー川、近く、アート街、ジャルンクルン通り、散策

ジャルンクルン・ソイ30に入ると「Gallery Cafe」があります。
チャオプラヤー川、近く、アート街、ジャルンクルン通り、散策
チャオプラヤー川、近く、アート街、ジャルンクルン通り、散策

その隣には「Lek Gallery Art」も。

チャオプラヤー川、近く、アート街、ジャルンクルン通り、散策

ジャルンクルン・ソイ30の通り沿いにあるフレンチレストラン「Maison Chatenet」
チャオプラヤー川、近く、アート街、ジャルンクルン通り、散策

古い倉庫から新しいトレンドを発信している「Warehouse30」はバンコクのニュースポット。

関連記事: 女子旅で行きたい!リバーサイドにある倉庫改装のフォトジェニックスポット「Warehouse30」

チャオプラヤー川、近く、アート街、ジャルンクルン通り、散策
チャオプラヤー川、近く、アート街、ジャルンクルン通り、散策
館内の壁にはさまざまなジャンルの絵が飾られています。

リノベーションされた倉庫内にもお洒落なカフェ「The Fox&Tha Mooon Cafe」があります。
チャオプラヤー川、近く、アート街、ジャルンクルン通り、散策

「Warehouse30」の向かい側には「Hans Fonk」のアートギャラリーがあって無料で作品をみることができます。

チャオプラヤー川、近く、アート街、ジャルンクルン通り、散策
チャオプラヤー川、近く、アート街、ジャルンクルン通り、散策

ここからシープラヤ船着場(Si-Phraya)のほうへ向かう途中の大きなストリートアートが待ち構えています。

チャオプラヤー川、近く、アート街、ジャルンクルン通り、散策
これはアート界で有名なアレクサンドル・ファルト氏が彫った作品なんだとか。

ちなみにこの壁はポルトガル大使館のもので、密かなフォトジェニックスポットになっています。
チャオプラヤー川、近く、アート街、ジャルンクルン通り、散策

シープラヤ船着場からサパーンタクシンまでは2分ほどで到着します。

チャオプラヤ川の船は一人15バーツです。

チャオプラヤー川、近く、アート街、ジャルンクルン通り、散策
ほとんどの観光客はワットプラケオやワットアルン、または夕方からオープンするアジアンティークに向かうと思いますが、リピーターやアートやお買い物が好きな人にはジャルンクルン通りの散策は面白いと思います。

関連記事: 東洋のモチーフと西洋の発想の融合したエレガントなホテル「ミレニアム ヒルトン バンコク」

またリバーサイドにホテルをとっている人にもアクセスしやすく、タイのクリエイティビティに触れてみるのもおすすめ。

あとがき

タイは歴史ある寺院や遺跡やローカルの人々も利用する水上マーケット、そして スパイスの効いたタイ料理など、 他の都市にはない独自の文化を持っています。
そんな独特な文化もしっかり残しつつ、若い人たちが作り上げている新たなクリエイティビブな世界はこれからさらに期待できそうです。

関連記事: 新世代の若者が急増中!チャオプラヤー川の先の「ニューベットタウン」

-Art, Trip
-, ,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2018 AllRights Reserved.