Moms & Kid

本当の子育てとはどんなものか「子供がいる人生」とは

更新日:

本当の子育て、子供がいる人生
私は、タイ在住のブロガー。
しかし同時にシェフ、カウンセラー、お掃除屋、修理屋でもあり、また、言葉や歌を教える家庭教師、人間ジャングルジム、秘書でもあります。
日々更新するブログの内容はさまざま。

女性目線のコラムや世界の気になるニュース、タイのグルメ、時々子供のことを記事にしています。

本当の子育て、子供がいる人生
このブログの一番の目的は、私たちの知らないところでさまざまな人権問題が起きているということと、親の視点から見た本当の子育ての姿を知ってもらうことです。
私は概念にとらわれた考え方は大嫌いで、常に個人の思想の自由を尊重しています。

自由としつけの違い

本当の子育て、子供がいる人生
我が子にもまだ小さいからと言って、何でも注意したり物を取り上げるのはなく、彼女の興味があるものには極力手で触れさせ、感じさせてあげます。
子供でもひとりの人間として尊重してあげ、自分の頭で考え、自分の意見をしっかりもった大人になってもらいたいのです。
日本では周りに迷惑をかけないように常に神経を尖らせて、公共の場に子供を連れて行くときは、大声を出したり暴れたりしないか親はハラハラしてしまいますよね。
確かに他人に迷惑をかけないように、いけないときは親が注意する”しつけ”は必要ですが、もう少し子供がのびのび育てられる社会になることを願っています。
”しつけ”とは、社会人としてのマナーやモラルのことですが、中には”しつけ”と”自由”を履き違えている親御さんもいるので、その辺は親がしっかり導いいてあげなければなりません。

子供の誕生によって得るもの

本当の子育て、子供がいる人生
時代の流れで子供をもたない夫婦が増えていますが、その原因の一つに日本の子供を育てにくい環境が原因していると私は思います。
あまりにもネガティブな情報ばかりがメディアに取り上げられ、確かに負の内容も確かですが、子育てにはそれ以上に素晴らしいことが多いことを知ってもらいたいのです。
特に子供が生まて一年は成長が目まぐるしく、日々表情が変わり、3日に一回は新たに何かができるようになっているのです。
それは奇跡としか言いようがなく、私の人生は子供が生まれることによって大きく変わったのです。
365日自分がどんな状態でも真っ先に子供のことを考え、お世話をする。
夜中に大泣きしているときは、こっちも泣きたくなります。
腱鞘炎になっても、腰痛や肩こりが酷くても、抱っこしておんぶして、時にはアトラクションさながらのアクロバティックな遊びにも付き合います。
自分の時間はないに等しいですが、さまざまな苦労を乗り越えるからこそ人として成長することができるのです。

あなたはここで誕生した

本当の子育て、子供がいる人生
「愛する娘 へ」
われわれ家族の生活は、ここタイ・バンコクの「MINGLE(コンドミニアム)」から始まったんだよ。
ローカルマーケットが広がるこのストリートに降り立った私たちは、これからどんな生活が始まるのかと不安と期待を胸に抱いていたことを今でも鮮明に思い出します。
孤独感・疎外感を感じたあの部屋も、今ではいい思い出です。
そして、あなたの出産で私たちはさまざまな経験をしました。
切迫流産、妊娠糖尿病と診断され、思いのほか辛かった妊娠生活。
周りからはネガティブな言葉を浴びせられ、不安で眠れない日々も続きました。

しかし、どんなに悪い環境でも生きることを求められた赤ちゃんは元気に出てくるもの。
私たちは赤ちゃんの生命力を信じようと思いました。
すると不思議と不安や心配はごとはどこかへいき、もう直ぐ赤ちゃんに対面できるという期待で、幸せな気持ちで心が満たされていました。
赤ちゃんは親に求められて生まれてくる。
この時代で、この場所、この両親の元に。
自分自身も当たり前のように今生活しているけど、ここまでくるのに一人で大きくなったのではないと実感。
様々な人に支えられて、両親の愛情をたくさん感じて成長したのだと改めて思えます。

最後に

子どもという存在はとても大きいもの。
特に女性の場合は妊娠・出産により精神的にも肉体的にも負担が大きいですが、その分得るがものが大きいです。
この話のエッセンスが、読者の皆様の意識の深い部分に眠る何かを目覚めさせ、何かのきっかけとなれば、筆者として最高に嬉しいことです。

-Moms & Kid
-,

Copyright© visiomire.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.