Food

朝8時から行列!台湾の朝食が味わえる「東京豆漿生活」五反田

更新日:

朝8時、行列、本場台湾、朝食、東京豆漿生活、五反田

今、SNSで話題になっている「東京豆漿生活」(とうきょうとうじゃんせいかつ)へ行ってきました。

ここは台湾式朝食が食べられるお店で、8時からオープンして売り切れ次第終了のお店。

「東京豆漿生活」は昔ながらの台湾をイメージした、

まるで旅先で立ち寄ったような雰囲気の台湾式朝ごはん専門店なのです。

場所は大崎広小路の高架下から少し入ったところ。

朝8時、行列、本場台湾、朝食、東京豆漿生活、五反田

JR五反田駅からでも徒歩で行ける距離です。

毎日朝から行列のできる人気店で筆者たちもようやく行くことができました。

朝8時、行列、本場台湾、朝食、東京豆漿生活、五反田

外観はどこか懐かしい雰囲気。

やはり今日も若干ではありますが、店内で行列ができていました。

客層は近所の大学やオフィスに通う人や、遠方からここだけを目的にやってきているようなカップルや主婦などなど。

朝8時、行列、本場台湾、朝食、東京豆漿生活、五反田

まずはカウンターでオーダーとお会計を済ませ、席が空き次第通されます。

朝8時、行列、本場台湾、朝食、東京豆漿生活、五反田

メニューは至ってシンプル。

台湾では朝からしっかりと朝ごはんを食べる食文化があり、中でも豆漿(ドウジャン)と台湾の焼餅が定番。

テイクアウトなら冷たい豆漿(260円)黒糖豆漿(380円)もおすすめです。

カウンターに並ぶ酥餅(スーピン)は、毎日200個以上が午前中に完売してしまうそう。

朝8時、行列、本場台湾、朝食、東京豆漿生活、五反田

朝早く行けば小豆(250円)胡麻餅(238円)花生餅(270円)などの酥餅がズラリと並んでいます。

鹹豆漿(450円)

朝8時、行列、本場台湾、朝食、東京豆漿生活、五反田
鹹豆漿(シェントウジャン)はお酢で豆乳を固め、そこにラー油をひとかけしただけの本場の味を再現。
スープに入っているのは長い揚げパンを細かく切った物と、干しエビ、万能ネギのみ。

朝8時、行列、本場台湾、朝食、東京豆漿生活、五反田

一口食べるとおぼろ豆腐のように口当たりがなめらかでとろっとろ。
スープは酸味、辛み、甘みが適度でとてもやさしい味わいです。
ヘルシーで後味さっぱりですが、どんぶりいっぱい分のお豆腐なので適度にお腹にたまります。

酥餅/ネギ豚(270円)

朝8時、行列、本場台湾、朝食、東京豆漿生活、五反田
どちらかというとポロポロとこぼれるパイのような食感の中華菓子で、ほんのり甘さと塩気を感じます。
上には白ゴマか黒ゴマをトッピングするのが定番のよう。
中身は豚饅の具に似た味でとても美味しいです。

酥餅/大根(250円)

朝8時、行列、本場台湾、朝食、東京豆漿生活、五反田
これもお惣菜を入れたしょっぱい系の焼餅。
半分にしてみるとぎっしりと切り干し大根が入っていて、ぽりぽりとした食感が面白いです。

朝8時、行列、本場台湾、朝食、東京豆漿生活、五反田
具にもしっかり味付けがされているのでなかなか食べ応えがある一品です。

Information
■住所 :東京都品川区西五反田1-20-3 MKYビル 1F
■Tel :03-6417-0335
■営業時間 :8:00~14:00(売り切れ次第終了)
■定休日 :日曜
■Facebookページ :東京豆漿生活
■アクセス :大崎広小路駅徒歩2分五反田駅徒歩5分

あとがき

タピオカから始まり台湾の食文化に注目が集まるここ最近。
台湾のフードに、雑貨などを含め、今台湾文化が日本で浸透しつつあります。
現地ではおなじみの体にやさしい朝ごはんが、東京で出会えるなんて感激です。

-Food
-, ,

Copyright© visiomire.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.