News

日本人にも人気のパリで、深刻な地球温暖化問題が話題に!エッフェル塔が大気汚染で霞む!?

更新日:

日本人に人気のパリ、深刻な大気汚染問題、エッフェル塔が霞む

スポンサーリンク

パリ市内は年々住みたい人の数が物件数を超えてきており、今では部屋不足でパリでは空いている部屋を人に貸す「ルームシェア」が主流です。

■物価が高い都市

1位 シンガポール(シンガポール)
2位 パリ(フランス)
3位 オスロー(ノルウェー)
4位 チューリッヒ(スイス)
5位 シドニー(カナダ)

■パリの住宅事情

パリの家賃 / 10〜15万円

中には月8000万で6部屋 / 220平米のお家もあるそう。

その他、郊外へ行けば3億円でお城が購入可能できるそうです。
このような豪邸では、沢山ある部屋はホテルの客室として利用し、広間はパーティー会場としてレンタル活用しているようです。

日本人に人気のパリ、深刻な大気汚染問題、エッフェル塔が霞む

フランス・パリに住む日本人の数は約1万人と言われています。
中でもパティシエ(お菓子職人)やブランジェ(パン職人)をめざし日本からやって来る人が多いんだとか。

世界中から食やアートの世界に翻弄されパリに集まり、それだけ人口が増えれば、街は汚れ空気も汚くなります。

日本人に人気のパリ、深刻な大気汚染問題、エッフェル塔が霞む

フランスの約30県で大気汚染警報が最高レベルに達し、担当閣僚が「政府にとって緊急かつ最優先の課題」と発言する事態にまで発展しています。

深刻な大気汚染のため、灰色にかすむフランスの首都パリの空。

パリでは17日から、約20年ぶりに自動車の走行制限が実施されます。

市内と周辺22の地区では17日午前5時半から、奇数日には奇数ナンバーの車だけ、偶数日付なら偶数ナンバーだけが通行可能となる。

電気自動車、ハイブリッド車、3人以上が同乗した車両は規制の対象外。

地球温暖化はここ数年で、全ての大陸と海洋で生態系や社会に影響を与えています。

日本人に人気のパリ、深刻な大気汚染問題、エッフェル塔が霞む

最後に

特に日本人女子に人気の国フランスは、ファッションやアート、食といった華やかなイメージしかありませんでしたが、パリを代表するあのエッフェル塔が見えなくなってしまう程の大気汚染とは驚きです。
大気汚染はフランスに限らず、世界中で深刻な問題となっています。
それには電気自動車の普及と、公共の乗り物や自転車を有効活用することが環境を守る近道となります。

-News
-, ,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2018 AllRights Reserved.