Trip

ノスタルジックなマーケット散策「クレット島」日帰り旅行

更新日:

ノスタルジック、マーケット散策、クレット島、日帰り旅行

バンコクから日帰りで行ける有名な観光地と言えば、「王宮周辺散策」国鉄メークロン駅の線路に広がる市場「タラート・ロム・フープ」「水上マーケット」などが定番ですよね。

今回紹介する「Ko Kret」(クレット島)もバンコク郊外にある観光地の一つであまり日本人には知られていませんが、欧米人観光客には人気があります。

バンコク中心部から車で約1時間。

バンコクの隣県・ノンタブリーに位置するクレット島に行くには、「ワットサナムヌア」という寺院の右手奥にある船着き場から船で渡ります。

ノスタルジック、マーケット散策、クレット島、日帰り旅行

船を渡るとそこは紀元前2,000年以上も前からの歴史を持つモン族をルーツとする人たちの村が広がっています。

クレット島は1周約7km。

スポンサーリンク

寺院巡りやマーケットで食べ歩き、焼き物体験、サイクリングなどさまざまな楽しみ方ができます。

筆者は船着き場からすぐ左手の「ワット・パラマイイカワート」でお参りしてから島を散策することに。
ノスタルジック、マーケット散策、クレット島、日帰り旅行

歴史的建造物

ノスタルジック、マーケット散策、クレット島、日帰り旅行
古い歴史のあるこの寺院。

ノスタルジック、マーケット散策、クレット島、日帰り旅行
壁画や細かい細工のステンドグラスも素敵です。

渡し船の上からも見えた仏塔「プラ・チェディー・ムー・タオ」 はクレット島のシンボル的な存在なんだとか。

ノスタルジック、マーケット散策、クレット島、日帰り旅行

約300年以上の歴史があるこの仏塔は、川の浸食によって斜めに傾いてしまったのだそうです。
ノスタルジック、マーケット散策、クレット島、日帰り旅行

白い仏塔と青空のコントラストがとても美しいパワースポットです。

その近くにあるこの柱にもご注目。

ノスタルジック、マーケット散策、クレット島、日帰り旅行
紙に生まれた曜日によって叩く回数が書かれているので、木の棒でその回数をコンコン叩くと幸福が訪れるのだとか。

ノスタルジック、マーケット散策、クレット島、日帰り旅行
仏教寺院はマーケットの途中にもいくつかあります。

お買い物

ノスタルジック、マーケット散策、クレット島、日帰り旅行
マーケットは島の北岸をチャオプラヤー川にそってずらーっと並んでいます。

「OTOPヴィレッジ・チャンピオン」はここがスタート。

※「OTOP」とは「One Tambon One Product」一村一品運動の略です。

ノスタルジック、マーケット散策、クレット島、日帰り旅行

クレット島の名物はいくつかありますが何といっても「焼きもの」と「お菓子」は有名です。

ノスタルジック、マーケット散策、クレット島、日帰り旅行

バナナやココナッツなどのフルーツと、卵黄、砂糖を使って作る飴状のお菓子は見た目も美しく日本の伝統的な和菓子のようなもの。

一つから購入できて、自分で好きなものを選んで購入できます。

その他、貝で作った風鈴、せっけん、藍染めの洋服、玩具などいろいろなお土産が売られています。

ノスタルジック、マーケット散策、クレット島、日帰り旅行

途中懐かしい雰囲気漂う駄菓子屋さんや普通の民家すらも異国情緒たっぷりで、まるでタイムスリップしたような錯覚に陥ります。

また、モン族伝統の陶器作りも代々と受け継がれていて、興味がある方はマーケットの終盤に左に折れる道に入ると焼き物の工房を見学することができますよ。

ノスタルジック、マーケット散策、クレット島、日帰り旅行

マーケットにもミニチュアサイズの食器セットや、照明、アロマポットなども売られていました。

ここの素焼きは使用していくうちに美しい飴色になるそうです。

食べ歩き

「ワット・パラマイイカワート」から仏塔に向かう途中にあるフライ専門の屋台は、島内の揚げ物屋の中では一番美味しいのだとか。

アンチャン(紫色の花)、ブーゲンビリア、プルメリアなどの花をそのまま揚げたミックスフライはグラムで値段が変わります。

またここのさつま揚げも有名のようで、生姜やチリが効いいたパンチのあるさつま揚げでした。

それとピータンをそのまま揚げたピータンフライもなかなか美味しかったです。

マーケット中盤あたりで売っているこの巾着状の揚げ物は美味しいのですぐ売り切れてしまうのだとか。
ノスタルジック、マーケット散策、クレット島、日帰り旅行

その他ウズラの卵を型に流して焼いたものや、シシャモフライも美味しかったです。

ノスタルジック、マーケット散策、クレット島、日帰り旅行

ランチはマーケットの入り口近くにあるタイ人に人気の「スコータイヌードル」のお店にはいりました。

ノスタルジック、マーケット散策、クレット島、日帰り旅行

バンコクのヌードルとどう違うのかというと、スープにレモンが入っているそうでさっぱりとした仕上がりになっています。

ノスタルジック、マーケット散策、クレット島、日帰り旅行

麺はバミーとクイッティアオ、辛いか、辛くないものから選べます。

ノスタルジック、マーケット散策、クレット島、日帰り旅行
どれも35バーツでサクッと食事を済ませるには丁度良いお店です。

ノスタルジック、マーケット散策、クレット島、日帰り旅行

その他雰囲気あるコーヒーショップや、洋食を扱うお洒落なレストランもありました。

ノスタルジック、マーケット散策、クレット島、日帰り旅行

川沿いに面したお店はどこもオープンテラスの創りで、川を眺めながらゆっくり食事をするには川沿いのお店がおすすめ。

ノスタルジック、マーケット散策、クレット島、日帰り旅行

川にはたくさんの魚が泳いでいて、魚の餌も売られていました。
ノスタルジック、マーケット散策、クレット島、日帰り旅行

休憩所の対岸には大きなブッタ像も穏やかな表情で座っていました。

ノスタルジック、マーケット散策、クレット島、日帰り旅行

バンコクの外れにこんなほのぼのした場所がまだ残っていたなんて本当に驚きです。

ノスタルジック、マーケット散策、クレット島、日帰り旅行

最後に

マーケットは約1キロ続いていますが、バンコクではあまり見かけないものも多く、さらに値段もバンコクより安い気がします。
バラマキ用のお土産品もそこまで高くないので、ここでまとめて買ってもいいかもしれませんね。
バンコクの喧騒を忘れて、のんびり日帰り観光を楽しむにはぴったりの観光地だと思います。

-Trip
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2018 AllRights Reserved.