トレンド

急増している式を挙げない「ナシ婚カップル」現代人の結婚スタイルとは?

更新日:

ナシ婚、結婚にお金をかける必要ない

スポンサーリンク

ここ最近の傾向では、結婚しても結婚式を挙げないカップルが急増しているようです。

入籍はしたけれど式は挙げない結婚を指す「ナシ婚」という言葉もあるそう。

しかし結婚式を挙げていないことについて調査したところ、実に70%以上のカップルが心残りと回答している。
(ウエディング情報の検索サイト ぐるなびウエディングより)

■様々な意見

・両親に感謝の気持ちを伝えることができなかった。
・親に晴れ姿を見せれなかった。
・相手に純白のドレスを着せてあげれなかった。

ナシ婚、結婚にお金をかける必要ない

婚約指輪に約20~40万円を費やした男性は、20万円以下の指輪を選んだ男性に比べて1.3倍も離婚しやすい。
また、結婚式に約200万円以上かけた女性は、約50~100万円程度に抑えた女性より3.5倍離婚した数が多いのだとか。

あくまで統計ですが以上の結果、結婚式にかける金額が比較的少ないことは、夫婦の結婚期間と関係しているということになります。

■米国の結婚式の平均費用

3万ドル(約300万円)

■日本の挙式・披露宴の費用(全国平均)

約343.8万円

■日本の婚約指輪の相場価格

平均は31.7万円(2012年)

■婚約指輪は50万円以下で良い

男性/51%、女性/43%
(結婚情報誌ゼクシィより)

最後に

現に私自身も『ナシ婚』の一人ですが、後悔は全くしていません。
結婚式は親の問題でも、お金の問題でもなく、自分たち自身の気持ちの問題だと思います。
2人で話し合った結果、2人とも大の旅行好きなので、全てハネムーンにまわしただけのことなので結果的にとても思い出深い記念が出来てよかったと思いっています。
だめになってしまう原因は、結婚することにあたって、周りからの意見や、一般常識、結婚スタイルの不一致などがあげられます。
それはよくお互いが納得するまで話し合っていない結果、そのことが引き金となって離婚してしまうケースがあるようです。

-トレンド

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.