VISIOMIRE(ヴィジョミア)夢を追うー 世界を旅して得たさまざまな感覚と真実を綴ったトラベルブログです。 2014年にバンコクに移住し、2016年に第一子を出産しました。これからもカメラを片手に、愛する家族と世界中を旅し続けます。

世界の出来事

シンガポールに続き、近代都市計画が進むマレーシアのクアラルンプール!夢みる未来へのパスポート!!

更新日:

マレーシア、海外移住、クアラルンプール、近代都市計画

今海外移住者は、20年前に比べると約2倍に増加。
特に、リタイアした夫婦が割と治安がよく、物価が安い東南アジアの生活に憧れ、移住する人が多いようです。
そこで今日はマレーシアの生活事情について詳しくご紹介したいと思います。

マレーシアの象徴ともいえる、クアラルンプールの中心に建つ”ペトロナスツインタワー”は、日本(ハザマ)と韓国(サムスン)が共同建築で建てたビル。

スポンサーリンク

今、そのクアラルンプールの中心地を、UAEのようなラグジュアリーな都市計画が進められ、今年の春に訪れた時は、建設ラッシュでこども工事中でした。
様々な海外の投資家が出資し、世界に並ぶ近代都市を作る計画のよう。

マレーシアのクアラルンプール国際空港(KLIA)の敷地内の18万平方メートルの土地に三井不動産が手がける、海外初のアウトレットモールを開発すると発表。

「KLIAエアロポリス計画」

第1期開発は店舗面積約2万平方メートル
開業予定日/2014年冬
最終的店舗面積/4.6万平方メートル
店舗数/約240店
内容/オフィス、商業、コンベンションセンター、物流施設、テーマパーク、ゴルフコース

クアラルンプール国際空港はクアラルンプール市街地から南に約60キロで、年間利用者数は約3800万人だといえわれています。

マレーシア、海外移住、クアラルンプール、近代都市計画

■海外移住したい国
(100人にアンケート)
1位 マレーシア28%
2位 フランス15%
3位 トルコ12%

■物件の安い国
1位 クアラルンプール(マレーシア)
2位 カイロ(エジプト)
3位 バンコク(タイ)

Malaysia/マレーシア

■面積

33万338平方キロメートル
(日本とほぼ同じ面積)

■人口

約2830万人
(日本の1/4)

■イスラム

豚肉やアルコールが禁忌という特有の事情に配慮し、豚肉を使わない料理はもちろん、アルコールを含むみりんや酢などは一切使わない、イスラム教徒向けの「ハラル」を意識しているお店も昨年から増えている。

■セカンドライフのポイント

・治安は他国に比べて良い
・一年を通し気温は25度以下
・首相は親日家
・物価が安い

■マレーシアマイセカンドホームビザ

(multiple-entry social visit pass)
マレーシア政府によって推進されている、一定基準を充たした外国人に支給される、長期滞在型のビザ(10年延長可)

■マレーシアのコンドミニアム(マンション)

プール、ジャグジー、ゴルフ場、テニス場、スポーツジムなどの施設が無料

マレーシア、海外移住、クアラルンプール、近代都市計画

最後に

近年日本人移住者も増え、日本人コミュニティーや日本語のフリーペーパーなど、日本人向けに様々なサービスも始まっている。
気候も一年中温暖な気候で、年金生活でのんびり過ごすのには最適の場所だとお思います。
初の海外へ向けた三井不動産が手がける”アウトレットモール”も気になります。

-世界の出来事
-, ,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.