チョコレート

スコットランドで昔から愛されるお菓子メーカー「クラッキングキャンデー」ラズベリーチョコレート

更新日:

スコットランドで愛される、お菓子メーカー、クラッキングキャンデー、ラズベリーチョコレート

今日ご紹介する輸入チョコレートはスコットランド生まれの「Cracking Candy(クラッキングキャンデー)」です。

この「Cracking Candy(クラッキングキャンデー)」は昔
街角にあった、量り売りのお菓子屋さんのイメージが強いです。

スコットランドで愛される、お菓子メーカー、クラッキングキャンデー、ラズベリーチョコレート

スポンサーリンク

スコットランド発祥のこのお菓子メーカーは、子供達が好きなキャンデーやバータイプのお菓子を販売しています。

現在もコーラキューブ、ペニータフィー、グミなどを販売していますが、日本や諸外国にはほとんど出回っていないメーカーのようです。

ブランド名:Cracking Candy(クラッキングキャンデー)
アーソート:Scottish Raspberry /Milk Chocolate Infused With(スコティッシュラズベリー/ミルクチョコレート)
原産国:スコットランド
内容量:80g
カロリー:563kcal(100gあたり)
カカオマス:33%
購入価格:110バーツ
ホームページ:

スコットランドで愛される、お菓子メーカー、クラッキングキャンデー、ラズベリーチョコレート
スコットランドで愛される、お菓子メーカー、クラッキングキャンデー、ラズベリーチョコレート

ラズベリーの香りが強く、爽やかな酸味がアクセントのチョコレート。
ミルクチョコレートがベースになっているので、味は滑らかでどちらかというとクリーミーです。
カカオマスの量は33%と少なめですが、安っぽさは感じません。
フルーティーなチョコレートなので、コーヒーより紅茶が合いそうです。

スコットランドで愛される、お菓子メーカー、クラッキングキャンデー、ラズベリーチョコレート

見た目

ラズベリーフレーバーにあう、濃いピンクを基調にした薄いタブレットタイプのチョコレートです。
ブランド名の横にはイギリスの国旗が小さくはいっています。
タブレットは特に文字が刻まれたり、ロゴマークがはいっているわけでわなく、至ってシンプルです。
チョコレートのカッティング部分の切れ目が雑なのか、四角いキューブ型にはなかなか切れないです。
梱包やチョコレートの印字に、あまりお金をかけていないところが外国らしいです。
スコットランドで愛される、お菓子メーカー、クラッキングキャンデー、ラズベリーチョコレート

最後に

日本はもちろん、諸外国でもあまり見かけないCracking Candy(クラッキングキャンデー)」。
ほとんど情報がなく、ネット通販も行っていないようです。
バンコクのスーパーマーケット「Food Hall(フードホール)」では、ラズベリーの他にキャラメルフレーバーが売られていていました。

-チョコレート
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.