フード

世界中の人に愛される「アイスクリーム」まとめ

更新日:

みんなが愛するアイスクリーム、世界のアイスクリームショップ

今日は誰もが好きな、アイスクリームについてですが、寒い南極でもアイスクリームを食べる習慣があるって知っていましたか?!

スポンサーリンク

アイスクリームに含まれる乳頭が体重や内蔵脂肪を、皮下脂肪の増加を抑える効果があり、アイスクリームによって冷えた身体は、体温を元に戻そうとする働きをする為、脂肪を燃焼させる効果があります。

その時、温かいコーヒーやお茶と一緒に摂取するとより効果的なんだとか。

みんなが愛するアイスクリーム、世界のアイスクリームショップ

とはいえ、一つ知っておきたいのがスーパーなどで買う時に裏面の種類別というところに注目したい。

アイスクリーム類の定義と成分規格は、食品衛生法に基づく「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」によって、基準が定められています。

種類別

アイスクリーム(乳固形分15%以上、乳脂肪分8%以上)
アイスミルク(乳固形分10%以上、乳脂肪分3%以上)
ラクトアイス(乳固形分3%以上)
氷菓(乳固形分3.0%未満)

また、よく売られているコーンで約50kcal、ワッフルコーンは約100kcalあることも念頭において購入するとよいと思います。

みんなが愛するアイスクリーム、世界のアイスクリームショップ

アイスクリームの歴史

アイスクリームの原型は16世紀中ごろフィレンツェで創作されました。
初期のアイスクリームは、冷たいボウルの中で手を使い造る為大変困難だったそう。
その後アメリカの主婦によって、手回しのアイスの機会が発明され、日本には明治2年頃、横浜の馬車道で初めて「氷水屋」というアイスクリームショップの原型がそこに誕生したそうです。

世界で一番アイスクリームを消費する国

1位 オーストラリア /17リットル

2位 ニュージーランド /15リットル

3位 フィンランド /14リットル

(16位 日本 /7リットル)

上記の結果から、温暖な国や新鮮なミルクが採れる国では、一年を通してアイスクリームを食べる習慣があることがわかります。

みんなが愛するアイスクリーム、世界のアイスクリームショップ

世界のアイスクリーム

・グロム
・ハーゲンダッツ
・バスキン・ロビンス(サーティーワンアイスクリーム)
・レディーボーデン
・コールド・ストーン・クリーマリー
・コペンハーゲンアイスクリーム
・ブルーシールアイスクリーム(ビックディップ)
・ホブソンズ
・ピエールマルコリーニGINZA
・レインボーハット
・マーベラスクリーム
・デイリークイーン
・キハチソフトクリーム
・デッピン・ドッツ
・ベルティヨン
・ベン&ジェリーズ
・アイスパン
・デイリー・クイーン
・アモリーノ

みんなが愛するアイスクリーム、世界のアイスクリームショップ

最後に

アイスクリームは様々な材料で簡単に作れるため、一年を通してその季節のフレーバーを生み出しやすいそうです。
しかし日本のアイスクリームのクオリティーは上がる一方で、価格も昔に比べて値上がりしていますが、自宅で美味しいアイスクリームを食べれるのは嬉しいことですね。

-フード
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.