Food

毎日通いたくなる、飽きのこない多彩さ!武蔵小山「セル・オ・ブレ」

更新日:

毎日通いたい、飽い、多彩さ、武蔵小山、セル・オ・ブレ

武蔵小山駅前は、現在タワーマンションや商業施設の建設ラッシュ。

今後さらに子育て世代に人気が出てきそうです。

少し歩けばおしゃれな街・目黒があり、広々とした林試の森公園も近くにあります。

そんなファミリー世代が愛してやまない武蔵小山ですが、美味しいベーカリーやパティスリーがいくつかあります。

毎日通いたい、飽い、多彩さ、武蔵小山、セル・オ・ブレ

その中でも今日は「Sel eau ble」(セル・オ・ブレ)をご紹介します。

場所は武蔵小山商店街パルムのちょうど中間あたりにあります。

マックの角を朗惺寺や郵便局がある方に曲がると、美容室とお蕎麦やさんの間に挟まれて「セル・オ・ブレ」はあります。

毎日通いたい、飽い、多彩さ、武蔵小山、セル・オ・ブレ

白い壁に木目調のやさしい雰囲気の外観。

こじんまりとしているのに、

スポンサーリンク

一歩店内に入ると種類豊富なパンがずらっと並んでいます。

そして価格もリーズナブル。

毎日通いたい、飽い、多彩さ、武蔵小山、セル・オ・ブレ

パンに注ぐ情熱は熱く、使われているソースなども自家製にこだわっているのだとか。

毎日通いたい、飽い、多彩さ、武蔵小山、セル・オ・ブレ

フランスパン、食パンはもちろんのこと、デニッシュやカット売りのクリスピーピザもあります。

毎日通いたい、飽い、多彩さ、武蔵小山、セル・オ・ブレ

後で知りましたが、お店の一番人気はミルクフランスとクリームパンなんだとか。

毎日通いたい、飽い、多彩さ、武蔵小山、セル・オ・ブレ

ホールで販売されているパイはスタッフに一声かけて包んでもらいます。

■ミートパイ(250円)
毎日通いたい、飽い、多彩さ、武蔵小山、セル・オ・ブレ
ずっしりと重みのあるパイは3種類あって、定番のアップルパイと、ほうれん草とベーコンのキッシュでした。
お肉がたっぷり入っているのでランチやディナーのサイドディッシュとしても向いています。
余計な化学調味料が使われていなくて、後味もさっぱり素材の味を生かした逸品です。

■プルーンとクリームチーズ(230円)
毎日通いたい、飽い、多彩さ、武蔵小山、セル・オ・ブレ
これは丸いハード系のパンの中にクリームチーズとプルーンが入ったパンです。
どんな食材とも相性の良いクリームチーズと、ねっとりとした甘みのプルーンが絶妙なバランスです。
パンも弾力があって好みの食感でした。
ちなみに同じ種類でゴルゴンゾーラチーズのパンもありました。

■枝豆フーガス(220円)
毎日通いたい、飽い、多彩さ、武蔵小山、セル・オ・ブレ
購入してすぐに食べましたが、表面のチーズが溶けて固まってかなりハードな食感でした。
枝豆とチースの塩気がちょうどよく、お酒が飲みたくなるようなパンです。

店舗概要
住所 :東京都品川区小山3-22-21
TEL :03-3783-1194
営業時間 :10:00~20:00
定休日 :火曜日・第3水曜日
ホームページ : Seleauble
アクセス :武蔵小山駅から徒歩7分

あとがき

ラスクやクッキーのラッピングギフトもあるので、ちょっとしたプレゼントにも喜ばれそうです。
お勧めの来店時間はオープンからお昼までの時間。
一通りパンが出揃い、お客さんもまばらなので選びやすいです。

-Food
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2018 AllRights Reserved.