フード

健康ブームのタイで人気急上昇中の「シズラー」子連れにも安心

投稿日:

健康ブーム、タイ、人気急上昇中、シズラー、子連れ、安心

今日ご紹介するお店は、アメリカ発祥の「Sizzler(シズラー)」です。

1958年にアメリカで創業したレストランチェーン。

1958年にデル・ジョンソンと妻のヘレンがカリフォルニア州カルバーシティに「Del’s Sizzler Family Steak House」(デルズ・シズラー・ファミリー・ステーク・ハウス)を創業。

アメリカ合衆国西部を中心とする全米をはじめ200店以上あります。

健康ブーム、タイ、人気急上昇中、シズラー、子連れ、安心

そして日本、オーストラリア、タイ、韓国、中国、シンガポールを含めた世界350店舗近くを展開しています。

以上はwikipediaからの引用です。

スポンサーリンク

タイ国内には45店舗あり、バンコクだけでも29店舗存在します。

筆者が野菜不足の時によく訪れるのは、シーロム通りにある「Sizzler(シズラー)」。

以前は欧米人のお客さんが多かった印象ですが、今日はたまたまか12時をまわるとほぼタイ人のお客さんで満席に。

健康ブーム、タイ、人気急上昇中、シズラー、子連れ、安心
(11時半、ガラガラの店内。)

ここ数年、バンコクにも健康志向のブームがじわじわと広がっているようです。

といっても、周りを見渡すとがっつり肉料理を頬張り、ワインなどのアルコールも注文。

そしてメインディッシュの野菜は残すってどういうこと?
やっぱりタイ人は野菜が嫌いなんですね。

グリルメニューはタイ人の嗜好に合わせて、チキンとポークが多いです。

現在は照り焼きチキン(229バーツ)が新メニューになっていました。

その他キッズプレートもあります。

筆者はオーソドックスなサラダバー(189バーツ)で十分。

健康ブーム、タイ、人気急上昇中、シズラー、子連れ、安心
(肝心なサラダバーの写真を撮り忘れました。)

それより泣き叫ぶ娘にご飯をあげるのに必死です。

野菜はロイヤルプロジェクトのものを使っているので、小さなお子さまでも安心して利用できます。

健康ブーム、タイ、人気急上昇中、シズラー、子連れ、安心
(サラダの他に、チャイニーズヌードル、パスタ、スープ、クラッカーなどもあります。)

このサラダバーには、40年以上受け継がれてきた「チーズトースト」が付いてきます。

これがまた絶品でお代わりしたいくらい美味しい。

健康ブーム、タイ、人気急上昇中、シズラー、子連れ、安心

娘には大好きなトマト、かぼちゃのグリル、うずらの卵、ベビーコーン、、ブロッコリー、ほうれん草、ビーツなどの盛り合わせ。

紫色のビーツはビタミンや鉄分を多く含むヘルシーな野菜として海外では定番です。

フルーツはスイカ、メロン、パイナップル、グァバがあります。
健康ブーム、タイ、人気急上昇中、シズラー、子連れ、安心

ミニドルチェは着色された謎のゼリーや激甘ムースに加え、ミニプリンとミニパンナコッタが仲間入りしていました。

デザートの味は普通ですが、2年前に来た時よりはレベルアップしている気がいします。

店舗概要
住所 :313, CP Tower, 2nd Floor, Silom Road, Silom, Khet Bangrak, Bangkok, 10500
TEL : 061 421 1840
営業時間 :10:00~22:00
定休日 :なし
ベビーチェア :あり
ホームページ :https://www.facebook.com/SizzlerThai(フェイスブック)

健康ブーム、タイ、人気急上昇中、シズラー、子連れ、安心
アクセス :BTSサラデーン駅より徒歩約2分。C.P.タワー2階。

最後に

ホームページを見てみるとシズラージャパンでは、野菜や果物のおいしさや魅力を体験し、クイズやゲーム方式で楽しく学ぶことができる、「シズラーベジフルキッズクラブ」も開かれているようです。
もちろん日本に限りますが、ここでは専属のジュニアベジタブル&フルーツマイスターが、野菜や果物について教えてくれて親子で勉強になりそうですね。

-フード
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.