Shinagawa

一度は行ってみて!帯広炭火焼豚丼専門店「とんたん」戸越銀座商店街

投稿日:

一度行く、帯広、焼豚丼、とんたん、戸越銀座商店街
最近よくマスメディアに取り上げられている品川区の「戸越銀座商店街」

毎週のように芸人さんや、グルメレポーターが街の飲食店を紹介していて、観光客らしいお客さんで通りは一年中賑わっています。

「戸越銀座商店街」は、東京で一番距離が長い商店街と言われており、安くて美味しい個人商店がずらりと並んでいます。

その中でも筆者がおすすめなのは、帯広炭火焼豚丼専門店「とんたん」です。

一度行く、帯広、焼豚丼、とんたん、戸越銀座商店街

とんたんは、たっぷりの甘辛いタレを付けた豚肉を、炭火で丁寧に重ね焼きをして、

温かいご飯の上に焼き立ての豚肉をのせた帯広の伝統料理。

一度行く、帯広、焼豚丼、とんたん、戸越銀座商店街

17時からは、豚丼に加えて帯広の五日市農場より取り寄せている、帯広ジンギスカンも食べられます。

席数はカウンターを含む15席で、食べたらすぐ出るといった回転率が高いお店です。
一度行く、帯広、焼豚丼、とんたん、戸越銀座商店街

客層はもっぱら男性が多いですが、食べ歩きをしているような女性グループもちらほら見かけます。

ランチメニューは豚丼一本、それと豚焼定食(730円〜)があるくらい。
一度行く、帯広、焼豚丼、とんたん、戸越銀座商店街
一度行く、帯広、焼豚丼、とんたん、戸越銀座商店街

■お肉の量
300gの松(1,010円)
200gの竹(710円)
100gの梅(530円)
豚肉50g、ご飯100gの小(430円)

■お肉の種類
肩ロース・バラ・半々

プラス310円で山盛りキャベツ、お味噌汁、お漬物付きのセットにできます。

豚丼 竹(710円)

一度行く、帯広、焼豚丼、とんたん、戸越銀座商店街
蓋からはお肉がはみ出していてボリューム満点。
白いご飯の上に炭火で焼いた香ばしい厚切りの豚肉がこれでもかというくらい乗っています。
筆者は肩ロースとバラの半々にしましたが、香ばしい秘伝のタレの香りと共に、豚肉の程よい脂がたまらなく美味しいです。
一度行く、帯広、焼豚丼、とんたん、戸越銀座商店街
これは一度食べたらまた来たくなる味です。

Information
■住所 :東京都品川区戸越2丁目5−1
■Tel :03-3786-5558
■営業時間 :11:00-23:00(ラストオーダー22:00)
■定休日 :不定休
■Webサイト : とんたん
■アクセス :都営浅草線戸越駅より徒歩5分、東急池上線戸越銀座駅より徒歩5分

あとがき

地元の人や近くに勤めるワーカーはもちろんのこと、グルメツアーのような観光客も続々と入店するので、店内はあっという間に満席になります。
また、店内は狭くて暗く、炭火の煙がもくもくとしているので、小さなお子様連れには少々厳しいかもしれません。
のんびりおしゃべりを楽しみながら長居できる雰囲気ではないですが、味は本当に美味しいので是非一度足を運んでみてほしいです。

-Shinagawa
-,

Copyright© visiomire.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.