チョコレート

ドイツを代表する「ミルカ」は、ヨーロッパ中で浸透しているチョコレートの王様!!

更新日:

ドイツ、定番チョコレート、ミルカ、チョコの王様

今日ご紹介するインポートチョコレートは、ドイツを代表するチョコレート「MILKA」(ミルカ)です。

スポンサーリンク

ヨーローッパの各国では「MILKA」(ミルカ)は定番で、100円前後の価格で”日本のダースのような感覚”で売られています。

「MILKA」(ミルカ)は、1825年フィリップ・スシャールがスイスのノイエンブルクという町で砂糖菓子屋を開き、チョコレートを売り出したのが始まり。

手作業からの事業も拡大し、工場生産に移った今も世界中で大人気のチョコレートです。

ブランド名:Milka(ミルカ)
アソート:Milka Moisture(ミルカモイスチャー )
原産国:ドイツ
内容量:100g
購入価格:89バーツ(約270円)

ドイツ、定番チョコレート、ミルカ、チョコの王様

ヘーゼルナッツのようなキャラメルのような風味が最初に漂い、口に入れるととても滑らかで口溶けのよいチョコレートです。
ベースはアルプスの大自然が育んだ新鮮なミルクをたっぷり使い、ミルカの定番のミルキーなチョコレートに仕上げられています。
この「MILKA」(ミルカ)の定番のアソートを食べると、大人から子供まで幅広い世代に愛されている理由がわかります。

ドイツ、定番チョコレート、ミルカ、チョコの王様

見た目

可愛らしい紫色のパッケージが店頭でも目を引くきます。
店頭には似たような濃い紫のチョコレートメーカーがもう一つありますが、「MILKA」(ミルカ)はシンプルで可愛らしいイメージがします。
全ての商品に描かれている、紫の牛もポイントで、牛にもブランド名が刻まれています。
またパッケージは「リッタースポーツ」のようにひと工夫されており、袋のまま両手でチョコレートを折るとパッケージ開くようになっているクニック・パック構造(Knick-Pack)なんです。
このあたりは、さすがドイツ、パッケージのお洒落さだけではないところがいいです。

最後に

日本にいた時は、日本やロッテのチョコレートを食べて満足していましたが、海外に出てそれを越えるクオリティーのチョコレートが普通のスーパーに溢れていることにとても驚きました。
インポート食品を扱う、「PLAZA」や「成城石井」などでも手に入りますが、どちらかというとオンラインショップの「楽天市場」や「Amazon」の方がお手頃のようです。

-チョコレート
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.