News

中国人富裕層の海外流出が著しいワケ

投稿日:

中国人、富裕層、海外流出、著しい、理由
中国全人口は約13億7000万人、そのうち富裕層は361万3000人となっています。
(2016年1月時点)
中国人富裕層は約380人に1人の割合になります。
また中国人富裕層は40~50代が多く、平均年齢が若いのも特徴。
彼ら若手の起業家は事業をグローバル化させて、国内のみならず海外の株式市場に積極的に上場しています。
中国の経済パワーは驚異的で、たった10年で大きく変わった気がします。
中国人、富裕層、海外流出、著しい、理由
最近はアメリカに旅行したり、 移民するケースが増えているそうです。
若い中国人富裕層の海外流出が著しいのも今注目されています。
一般の中国人の間でも、大金を払ってアメリカの永住権を取得し、国籍を変えてまで海外へ移住しようとする人が後をたたないのだとか。

国の友好関係はそうでもないですが、中国人富裕層は依然としてアメリカが好きだという。

中国人富裕層に人気の移住先は、3年連続でアメリカ。
(中国の胡潤研究所・移民コンサルタント会社ビザズ・コンサルティング・グループの調べ)

英語圏で大都市が人気

中国人、富裕層、海外流出、著しい、理由
調査は2017年4~7月上旬にかけて、すでに外国に移住または移住を準備中の純資産1000万~2億元(約1億640万~32億8900万円)の中国人富裕層を対象に実施した結果が以下のランキングです。
中国人富裕層が移住したい国
1位 米国
2位 カナダ
3位 英国
4位 オーストラリア
5位 マルタ
中国人富裕層が移住したい都市
1位 ロサンゼルス
2位 シアトル
3位 サンフランシスコ
4位 ニューヨーク
5位 バンクーバー(カナダ)
英語圏がダントツで人気で、それもビックシティーを目指す中国人が多いよう。
彼らはどこの国でも中国人ネットワークを駆使して、リトルチャイナを作り上げてしまうからすごいです。
各国を旅行に訪れた際に、普段から馴染みのある中華料理を食べれるのは日本人にとっても助かりますよね。

中国の富裕層はなぜアメリカを目指すのか?

中国人、富裕層、海外流出、著しい、理由
■主な理由
・教育 76%
・生活環境 64%
中国の都市部の環境問題もひどく、海外に拠点を移そうとする気持ちもわかります。
もう一つは子供の教育に熱心だということ。
若い年齢のうちからアメリカで教育を受けさせようとする親も増加していて、ここ数年アメリカの大学のキャンパスは中国人だらけなんだとか。
多いところだとルームメイト3人中2人は中国人学生なんてところも。
最近は日本の東大と早稲田も中国人学生が増えていますよね。

人民元下落の原因

中国人、富裕層、海外流出、著しい、理由
最近中国人による不動産投資が進んでいます。
アメリカで住宅を購入する外国人のうち約3割が中国人だといいます。
しかし、中国人富裕層の多くがアメリカに移住し、アメリカで投資を行うことにより人民元下落の一因になっているのです。
要するに、中国人の間で米ドルの需要が増えること自体が、人民元安を加速させているのです。

最後に

最近新しく都心の一等地に建ったタワーマンションを中国人が買いあさっているという噂を耳にしました。
中国人は目先の快楽を得るためにお金や時間を浪費しないで、将来のためにお金と時間を使っている人が多い気がします。
海外に流出するもっともな理由は、一言でいえば”中国が住みにくいから”ではないかと思います。

-News
-,

Copyright© visiomire.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.