Trip

子連れ、カップルでも楽しめるエカマイの「科学博物館&プラネタリウム」

更新日:

子連れ、カップル、楽しい、エカマイ、科学博物館&プラネタリウム
いつの間にかカラッとした乾期は終わり、じっとりとした暑さが気に触るようになりました。
そうなると子どもを連れた外出は室内に限りられてしまいます。
前回はママ友と子どもを連れてエカマイの「科学博物館&プラネタリウム」を訪れましたが、実はここ別館もあったんです。
子連れ、カップル、楽しい、エカマイ、科学博物館&プラネタリウム
スクンビットにお住まいに人はもうご存知だと思いますが、今日は別館の方を詳しくまとめてみました。
「科学博物館&プラネタリウム」の場所ですが、BTSエカマイ駅の4番出口の階段を降りて、まずはエカマイバスターミナルを目指します。
バスターミナルを通り過ぎてすぐ右手にあるのが「科学博物館&プラネタリウム」の入り口です。
設立は1970年代。
正式名所は「National Science Center for Education」

敷地内にはプラネタリウム、科学技術館、ミニ水族館、自然科学館などがあります。

月曜日と祝日はお休みですが、土日も営業しています。
広い敷地を誇り暑くなければお外も散策してみたいところだけど、とても暑くて外にいられません。
子連れ、カップル、楽しい、エカマイ、科学博物館&プラネタリウム
なのでビルの上から全体をパシャリ。
目の前に広がる緑の部分がそう。
BTSからも歩いてすぐなのでアクセスも便利。

科学技術館

子連れ、カップル、楽しい、エカマイ、科学博物館&プラネタリウム
入場料は大人30バーツ、子供20バーツ
入り口でチケットを切ってもらい、再入場も可。
ここでは覗いたり、触ったり色々な体験ができます。
小学生や中学生くらいの子どもには面白いかも。
大人たちは拡大されたバンコクの地図の上に裸足でのって自分の家を探していましたが、Googleearthで見ればいいのに、と突っ込みたくなるくらい必死で面白かったです。
子連れ、カップル、楽しい、エカマイ、科学博物館&プラネタリウム
1階の奥は前回お伝えした「石の展示室」 と「ドラックの恐ろしさを伝える展示室」 があります。
子連れ、カップル、楽しい、エカマイ、科学博物館&プラネタリウム
2階は模型やトリックアートなどがありますが、こちらはあまり人気がなさそう。

プラネタリウム

子連れ、カップル、楽しい、エカマイ、科学博物館&プラネタリウム
プラネタリウムは科学館の隣にあります。
入場料は大人30バーツ、子供20バーツ
上映時間は1時間くらいで大人でも楽しめるような内容になっています。
子連れ、カップル、楽しい、エカマイ、科学博物館&プラネタリウム
しかし、ガイダンスはタイ語です。
火曜~土曜11:00、14:00、15:00
※特別枠で火曜10:00(英語)と、土16:00も上映しています。
プラネタリウムの上映を待つ間は、奥の展示室を見て時間を潰せます。
ここも覗いたり登ったり、展示物は古いですが地味に面白いです。

ミニ水族館

子連れ、カップル、楽しい、エカマイ、科学博物館&プラネタリウム
アクアティックラインは広場の右手にあります。
ここは科学館と同じチケットでみることができます。
子連れ、カップル、楽しい、エカマイ、科学博物館&プラネタリウム
規模は小さくペットショップ並みの魚の種類ですが、子どもなら十分楽しめると思います。
子連れ、カップル、楽しい、エカマイ、科学博物館&プラネタリウム
ニモや小さな熱帯魚は可愛かったかな。
(後から気がつきましたが、ここでは写真撮影は禁止です。)
ラインとあって縦長であっという間に見終わってしまいますが、出口からはすぐ別館(4番)の案内がでています。

自然科学館

子連れ、カップル、楽しい、エカマイ、科学博物館&プラネタリウム
この4番と書かれた建物は水族館の裏手、敷地内を出たところにあります。
入り口はスクンビット沿いではなく、駐車場のような裏の入り口からエントリーします。
ここでも同じチケットでOK。
筆者は8階から順番に見て回りましたが、展示物が少々古臭くて6階以外はどこも同じような雰囲気で日本人には少々退屈するかもしれません。
6階は土足禁止で飲食も禁止となっています。
中に入るとさまざまなおもちゃが子どもたちを迎えてくれます。
子連れ、カップル、楽しい、エカマイ、科学博物館&プラネタリウム
さまざまな仕掛けがある滑り台
子連れ、カップル、楽しい、エカマイ、科学博物館&プラネタリウム
歯医者さんやスーパーマーケットなどのごっこ遊び
子連れ、カップル、楽しい、エカマイ、科学博物館&プラネタリウム
子ども郵便局
子連れ、カップル、楽しい、エカマイ、科学博物館&プラネタリウム
迷路の奥は手を使って遊ぶおもちゃ
子連れ、カップル、楽しい、エカマイ、科学博物館&プラネタリウム
小さな滑り台とシーソー
子連れ、カップル、楽しい、エカマイ、科学博物館&プラネタリウム
稼働していなかったけど、一応子ども映画館
その他ふわふわ素材のプレイグランドや、クラフトスペースなどもあります。
土日はタイ人ファミリーばかりで他の国の人はほとんど見かけませんでした。
ところどころにモニターがあって日本語のガイダンスも流れます。
店舗概要
住所 :928 Sukhumvit Rd., Klong-toey, Bangkok 10110
TEL :02-392-1773
営業時間 :9:00-16:30
定休日 :月、祝日
駐車場 :あり
子連れ、カップル、楽しい、エカマイ、科学博物館&プラネタリウム
アクセス :BTSエカマイ駅より徒歩約5分、2番出口を降りバスターミナル方面へ歩き、その隣の大きな施設が「科学博物館&プラネタリウム」の入り口です

あとがき

前回は別館の存在を知らずに帰ってしまいましたが、30バーツでここまで充実した内容にびっくりしました。
昔からある施設なので少々古いですが、内容は充実していると思います。
平日は閑散としててどちらかというと日本人が多い印象でしたが、土日はタイ人のファミリーやカップルのデートスポットとしても使われているようです。

-Trip
-, ,

Copyright© visiomire.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.