旅行・お出かけ

格安航空会社「エアアジア」初の米国乗り入れスタート!

更新日:

格安航空会社、エアアジア、初、米国、フライト、スタート

この程、マレーシアの格安航空大手「Air Asia(エアアジア)」は、アメリカ当局から乗り入れ許可を得たことを明らかにしました。

スポンサーリンク

アジアの格安航空会社としては、初のアメリカ乗り入れとなります。

格安航空会社、エアアジア、初、米国、フライト、スタート

LCCはとにかく安いですが、座席シートが狭いため、利用客も短時間移動が好ましい気もします。

しかし、いかに交通費を節約し、旅行を安くお得に楽しむというスタイルの人にはおすすめです。

最近では、エコノミーとビジネスの中間のクワイエットゾーンが設けられ、プラス料金を支払えば少しだけ静かなシートを選ぶこともできるようになりました。

エアアジアとは

格安航空会社、エアアジア、初、米国、フライト、スタート
「Air Asia(エアアジア)」はアジア地域の格安航空の先駆けとしてスタートし、急成長を遂げてきました。

主にアジア太平洋、中東、アフリカの各地域に路線を展開しています。

ヨーロッパ方面ではロンドン・パリ便が2012年に需要低迷で廃止されましたが、アメリカ便ではより良い業績が期待されるといいます。

アメリカ便は同社傘下で中・長距離路線を手掛けるエアアジアXが運航す予定です。

エアアジアXが運航する飛行機

格安航空会社、エアアジア、初、米国、フライト、スタート

■機種
エアバス330―300型機

■座席数 
エコノミークラス 365席
プレミアム・フラットシート12席
(プレミアム・フラットシートは、ビジネスクラスに相当します。)

■その他のサービス
エコノミーの機内食、ブランケットの貸し出し、荷物の預け入れは有料となっています。

■目的地
ハワイを含むアメリカの複数の州を検討しているといいます。

エアアジアの安全性

格安航空会社、エアアジア、初、米国、フライト、スタート
2014年に傘下のインドネシア・エアアジア機が墜落した事故で評価を大きく下げてしまいました。

航空関連情報サイト「エアライン・レーティングス」によると、インドネシア・エアアジアの安全性評価は7段階中の下から2番目。

一方、エアアジアXは上から2番目で、サウスウェスト航空など一部の米格安航空を上回っているんだとか。

格安航空会社、エアアジア、初、米国、フライト、スタート

最後に

日本でも一時期LCC(格安航空会社)ブームが巻き起こり、さまざまな格安航空会社が参入しましたが、遅延や機体の不具合が重なりその人気は一気に落ち込んでしまいしました。
しかし、アジア圏内では未だにLCCを利用する人が多く、現在住んでいるタイでは「Air Asia(エアアジア)」の他に、「Nok Air (ノックエア)」や「Orient Thai(オリエントタイ)」なども運航しています
狭い機内で長時間有料のサービスを受けることが得なのかわかりませんが、エアアジアの米国行きは今後も気になります。

-旅行・お出かけ
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.