子育て

1日たった15分の「瞑想」で心も体も健康になる方法

更新日:

1日たった15分、瞑想、心も体も健康になる方法

瞑想(Meditation)とは、心を静めて神に祈ったり、何かに心を集中させること、心を静めて無心になること、目を閉じて深く静かに思いをめぐらすことをいいます。

このストレスや情報社会に溢れたこの世の中で、1日の生活に瞑想を取り入れる芸能人も多いようです。

瞑想は気分がすっきりして疲れがとれたり、前向きになったりその効果は様々です。

スポンサーリンク

適度な運動でもストレス発散や、気持ちも晴れ晴れしますが、瞑想は時間がない人でも少しの時間で行なうことができます。

1日たった15分、瞑想、心も体も健康になる方法

インドでは極めて古くから瞑想が行われていたようであり、紀元前25世紀ごろに栄えたインダス文明の遺跡であるも変女だるからは、座法を組み瞑想を行う人物の印章が発見されています。
(ウィキペディアより)

瞑想の主な効果

・理解力
・集中力
・記憶力
・判断力
・洞察力
・発想力
・企画力
・交渉力

瞑想の最大のポイントは、頭の中を空にすること。
何も考えずに心身を極限までリラックスした状態にする。

迷走中に湧いた雑念で考えを膨らませてしまうと瞑想にはなりません。
湧いた念も整理して消すことが重要です。

1日たった15分、瞑想、心も体も健康になる方法

瞑想によって変わること

①熟睡できる

②悩みが減る

③イライラしなくなる

④気持ちが朗らかになる

⑤人に優しくなる

⑥クヨクヨしなくなる

⑦ストレスに強くなる

⑧健康になる

瞑想によって日々の自分自身に向き合うことができ、気を穏やかにして精神統一の練習をすることで集中力を高めることもできます。

最後に

毎日パソコンや携帯の画面に長時間向かっていると、眠りが浅くなったり不要な情報が頭に入りすぎて、脳がスッキリしないことはありませんか。
そんな散らかった脳内を一度空にさせて、心と体のメンテナンスしてみるのもいいと思います。
まずは無理をせず5分間、部屋の中でも窓を開放して外の空気をいれるなど、自然を感じると心から清らかな気持ちになれると思います。

-子育て
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.