Art

2014年USJの”ハリー・ポッターの魔法の世界”がいよいよオープン!六本木の『ハリーポッター展』も目が離せない!?

更新日:

ボグワーズ魔法魔術学校、ハリーポッター展、映画、ユニバーサルスタジオジャパン
今日は、六本木ヒルズ"森アーツセンターギャラリー"52階で開催されている『ハリーポッター展』に来ています。

遂に2014年春、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に新しいテーマパーク「ハリー・ポッターの魔法の世界」がオープンします。

最新技術4K映像で楽しむ世界最高アトラクション「 ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」や、空を駆け巡る「フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフ」など見所満載です。
残念ながら中は一切の写真撮影は禁止。
ボグワーツ魔法魔術学校の世界を分かりやすく、5つの見所に別けてご紹介したいと思います。
ボグワーズ魔法魔術学校、ハリーポッター展、映画、ユニバーサルスタジオジャパン
■ストーリー
いじめられっ子だった”ハリーポッター”少年は、11歳の誕生日に自分が魔法使いであることを知る。
その後、ボグワーツ魔法魔術学校へ入学し、いままで知らなかった魔法界に触れ、亡き両親の知人をはじめとした多くの人々との出会いを通じて成長する。
ボグワーズ魔法魔術学校、ハリーポッター展、映画、ユニバーサルスタジオジャパン

見所1

まずは寮生を決めるために、振り分けの時間。
寮の選択は、4人の創立者が魔法によって知恵を吹き込んだ喋る「組分け帽子」が行います。
具体的には、生徒が組分け帽子を被ると帽子が生徒の資質を分析し、4つの寮から最適の寮を帽子が宣言する。
■創立者の名前にちなんだ4寮
「グリフィンドール」「ハッフルパフ」「レイブンクロー」「スリザリン」の
ボグワーズ魔法魔術学校、ハリーポッター展、映画、ユニバーサルスタジオジャパン
(公式ページより)

見所2

グリフィンドール塔の門番として飾られている、太った婦人は有名。
ホグワーツのいたるところに飾られている絵画は、描かれている人物が動いたり話すことができ、また互いの絵画を行き来することができます。
グリフィンドールの門番を臨時で勤めたことがある”カドガン卿”。
普段は北塔にいて、通りかかる人に勝負を挑む絵画なども映画の中でも登場。
ボグワーズ魔法魔術学校、ハリーポッター展、映画、ユニバーサルスタジオジャパン

見所3

巨人ハグリットの部屋
ハリーとはホグワーツ魔法魔術学校への入学案内を届けて以来の間柄であり、ハリーには絶対の信頼を寄せている人物。
ハグリッドは身長約2.5メートルで、故人の父は魔法使い、母はイギリスで最後の巨人・フリドウルファだった。
部屋の中は全てが大きく、壁にはイタチがぶら下がっている。

見所4

ロンやハーマイオニーが実際使った衣装や、部屋を再現したセットは本格的で凝った内装になっていました。
またミネルバ・マクゴナガル副校長や、セブルス・スネイプ先生が持っている魔法のステッキや、姿を消せる魔法のマントが展示してあります。

見所5

マンドレイクの植え替え
ボグワーズの敷地内にある温室で、魔法薬の調合に使う薬草の栽培と取り扱いを学ぶ。
実際に植物を引き抜くことができますが、突然,,,
ハリーポッターのオリジナルのグッツ売場。
私はハリーがかけている丸い眼鏡(¥1,500)を購入。
その他、ゲップやおならのジェリービーンズ(¥500)や、動くカエルのチョコなどユニークなお土産が沢山売っていました。
ボグワーズ魔法魔術学校、ハリーポッター展、映画、ユニバーサルスタジオジャパン

最後に

ハリー・ポッターの舞台はイギリスのスコットランド地方。
まずストーリーの始まりのキングズ クロス駅の9と4分の3番線は実際に存在する場所なんだとか。
ここでもまず最初にお出迎えしてくれるのは、大きなホグワーツ特急。
これもとても迫力がありました。
ここに来ているお客さんの殆どは大のハリーポッターファンのようで、それだけ知識がある人でないと、この『ハリーポッター展』を見ても理解できないかもしれません。
『ハリーポッター展』は珍しく、ボグワーツ魔法魔術学校の不思議な世界観が見れてとても貴重な体験ができました。

-Art
-

Copyright© visiomire.com , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.