子育て

赤ちゃんを泣き止ませる「NUKのおしゃぶり」は、ドイツ製でおしゃれなアイテム

更新日:

赤ちゃんを泣き止ませる、NUKのおしゃぶり、ドイツ製、おしゃれなアイテム

生まれたばかりの赤ちゃんは小さくてとってもかわいいですが、日々悩まされるのは外出時や夜泣きだと思います。

ミルクをあげても、オムツを取り替えても、抱っこしても泣き止まない時に活躍するのがゴムやプラスチックでできた乳首型のおしゃぶりです。

赤ちゃんはおっぱいを吸っていると落ち着くため、おしゃぶりを吸わせると安定するといわれ、昔から育児をサポートするアイテムとして利用されてきました。

赤ちゃんを泣き止ませる、NUKのおしゃぶり、ドイツ製、おしゃれなアイテム

そこで今日は、おしゃぶりのメリットとデメリットを理解して実際どのくらい赤ちゃんの成長過程で影響があるのかという点に迫ってみます。

おしゃぶりのメリット

1、交通機関に乗っている時や、外出時にぐずられた場合大活躍する。

2、歯がためにも役立つおしゃぶりもあります。

3、おしゃぶりを口にくわえていれば一人で眠ってくれる赤ちゃんもいるので、忙しいママを助けてくれます。

赤ちゃんを泣き止ませる、NUKのおしゃぶり、ドイツ製、おしゃれなアイテム

おしゃぶりのデメリット

1、おしゃぶりは習慣性が高いので、2歳半には完全に終わらせる。

2、急に止めると子供が精神的に落ち着かなくなって、普段からぐずりやすくなる場合がある。

赤ちゃんが自分で立ったり歩いたりし始めると、次第におしゃぶりを必要としなくなるケースが増えていくようです。

無理に月齢が低い段階では止める必要はなく、体の成長と共におしゃぶりの機会を減らしていくと良いでしょう。

おしゃぶりを止めるタイミング

歯並びに関しては遅くても乳臼歯が生えそろう2歳半までに止めれば改善されると「日本小児歯科学会」でも報告されています。


ですから出生後からおしゃぶりを使っている赤ちゃんでも、2歳半までに止めさせれば、歯並びなどの問題は解消できると考えられています。

お勧めのおしゃぶり

赤ちゃんを泣き止ませる、NUKのおしゃぶり、ドイツ製、おしゃれなアイテム
新生児の赤ちゃんが使うおしゃぶりでダントツで人気なのがドイツ製の「NUK(ヌーク)」です。

歯科医と開発したおしゃぶりで、授乳時のままの乳首を再現しているため、赤ちゃんがうまく舌を使うことができます。

商品説明
ブランド名:NUK(ヌーク)

品名:Classic(クラシック)

原産国:ドイツ

月齢:0~6ヶ月

サイズ:S・M

素材:シリコン

販売会社:株式会社ダッドウェイ

消毒方法:薬液消毒、煮沸消毒、電子レンジ消毒

赤ちゃんを泣き止ませる、NUKのおしゃぶり、ドイツ製、おしゃれなアイテム

機能性
・健康的な口腔育成を促し、夜泣き、ぐずりを落ち着かせ、安眠へと導きます。

・オーソドンティック形状は、授乳時のママのニップルに近い形をしています。

・自然に鼻呼吸できる形で、赤ちゃんの顔や口にフィットするデザインになっています。

・シールド左右のスリットと溝は空気とよだれが逃げる形状になっています。

赤ちゃんを泣き止ませる、NUKのおしゃぶり、ドイツ製、おしゃれなアイテム

最後に

おしゃぶりを与えてしまうと、その後止めさせるときに苦労するといいます。
また歯並びが悪くなるなど昔から言われていて、購入するかどうか迷うママも多いかと思います。
しかし赤ちゃんは体の成長と共に自然とおしゃぶりを必要としなくなるということがわかりました。
なので、1歳~2歳の間に止める準備を徐々に始めていくと良いと思います。

-子育て
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.