フード

雲南省の名物料理と、本格的な「四川料理」や「北京料理」も食べれる雲南省のグルメまとめ!!

更新日:

雲南省の名物料理、本格的な四川料理、北京料理、雲南省のグルメ、まとめ

広大な土地がある中国では、土地土地で採れるものを活かした名物料理があり、発祥の地域以外でも中国全土に広がっておりどこでも現地の味が食べれるのが中華の醍醐味です。

スポンサーリンク

また雲南省の料理の特徴は、寒い地域の為、麻辣(マーラー)をつかった炒め物やスープが多く、それにピリッとスパイシーな山椒(サンショウ)を入れるのが特長です。

雲南省の名物料理、本格的な四川料理、北京料理、雲南省のグルメ、まとめ

雲南省の名物

・松茸料理

・ヤク料理

・過橋米線(かきょうべいせん)

・汽鍋鶏など

松茸は今回シーズンではないため、食べれませんでしたが、その他ポルチーニ茸やモリノキノコタケ、レイシ、キヌガサタケなど種類豊富にあります。

雲南省の名物料理、本格的な四川料理、北京料理、雲南省のグルメ、まとめ

▪️大理

卵炒飯

雲南省の名物料理、本格的な四川料理、北京料理、雲南省のグルメ、まとめ
シンプルにふわふわの卵で炒めたくれるチャーハンは格別で、何度も通ってしまいました。

雲南省の名物料理、本格的な四川料理、北京料理、雲南省のグルメ、まとめ
チャーハンは8元、10元、12元、15元の4サイズがあり8元で一般的なサイズくらいのボリュームでした。

回鍋肉飯(ホイコーロー丼)

雲南省の名物料理、本格的な四川料理、北京料理、雲南省のグルメ、まとめ
上と同じお店で、ここのお母さんが作る回鍋肉は、日本のよくある回鍋肉とは全く別物でした。

豚肉は角煮に使われるようなブロックのバラ肉をふんだんに使い、辛さも濃さもちょうどよかったです。

肉饅頭

雲南省の名物料理、本格的な四川料理、北京料理、雲南省のグルメ、まとめ
ここのお店は麺や炒め物も美味しいですが、このお店の名物は朝から晩まで店頭で手作りされている肉饅頭です。

雲南省の名物料理、本格的な四川料理、北京料理、雲南省のグルメ、まとめ
一口サイズの饅頭は日本の肉まんの味に近く、日本を思い出しながら食べていました。
価格は8個入りで7元でした。

青椒肉絲飯(チンジャオロース丼)

雲南省の名物料理、本格的な四川料理、北京料理、雲南省のグルメ、まとめ
「大理古城」の外れにあり地元の人で満席だったお店で、男性に手招きされたので試しに入ったお店です。

雲南省の名物料理、本格的な四川料理、北京料理、雲南省のグルメ、まとめ
前の人が作っていたものを指をさして注文してみましたが、普通に美味しくて感動しました。

様々な野菜が味噌ベースでピリ辛に炒めてあります。

蒸し餃子

雲南省の名物料理、本格的な四川料理、北京料理、雲南省のグルメ、まとめ
「大理」も「麗江」も観光地には大きなフードコートのような場所が何箇所かあり、「大理」にあるフードコートで蒸し餃子を注文してみました。

大ぶりの蒸し餃子は10個入りで7元。
雲南省の名物料理、本格的な四川料理、北京料理、雲南省のグルメ、まとめ
ここではざまざまなものが売られ、好きなものを購入して席に座ります、漢民族の観光客で賑わっていますが、中国らしい雰囲気が味わえます。

▪️麗江

麻婆豆腐(マーボー豆腐)

雲南省の名物料理、本格的な四川料理、北京料理、雲南省のグルメ、まとめ
山椒がはいった本格麻婆豆腐は、ピリピリと舌を刺激しご飯が進みます。

雲南省の名物料理、本格的な四川料理、北京料理、雲南省のグルメ、まとめ
このような定食屋さんでは一品料理を頼むとお茶、ご飯、漬物がお代わり自由です。

青椒回鍋肉(チンジャオホイコーロー)

雲南省の名物料理、本格的な四川料理、北京料理、雲南省のグルメ、まとめ
本場中国では青椒肉絲と回鍋肉が一生になった「青椒回鍋肉」が存在します。

豚バラ肉とピーマン、ネギ、唐辛子を回鍋肉の味付けで炒めてあります。

適度に辛くて食欲をそそります。
雲南省の名物料理、本格的な四川料理、北京料理、雲南省のグルメ、まとめ

木瓜鸡(キクラゲ炒め)

雲南省の名物料理、本格的な四川料理、北京料理、雲南省のグルメ、まとめ
千切りにしたキクラゲとたっぷりの豚肉を、麻辣味でさっと炒めた一品。

キクラゲのこりこりした食感と、柔らかい豚肉がとてもマッチしています。
雲南省の名物料理、本格的な四川料理、北京料理、雲南省のグルメ、まとめ

西紅柿鶏卵(トマトと卵の炒め物)

雲南省の名物料理、本格的な四川料理、北京料理、雲南省のグルメ、まとめ

日本でもたまに見かけるこの中華料理が食べたくてメニューには載っていませんでしたが、筆談
で通じて作ってもらいました。

雲南省の名物料理、本格的な四川料理、北京料理、雲南省のグルメ、まとめ
ふわふわ卵と、酸味が抑えられたトマトが中華ベースの味付けで、これはあまり脂っぽくなくとても食べやすかったです。

雲南省の名物料理、本格的な四川料理、北京料理、雲南省のグルメ、まとめ
上の4種は全てこの四川料理のお店でオーダーしました。
場所は「麗江古城」から人民路に出た交差点のところにあります。

▪️シャングリラ

獅子唐炒め(ししとう炒め)

雲南省の名物料理、本格的な四川料理、北京料理、雲南省のグルメ、まとめ
”虎”という文字を見て、適当に頼んでみると、獅子唐炒めがでてきました。

シンプルに油で獅子唐とたっぷりのニンニクを炒めたもので、お酒にも合いそうな味でした。

茄木瓜炒め(ナスとキクラゲ炒め)

雲南省の名物料理、本格的な四川料理、北京料理、雲南省のグルメ、まとめ
これは”茄”という漢字を見てオーダーしたもの。

茄、パクチー、ニンニク、ネギを麻辣味で強火で炒めたもので、味付けは濃いめです。

ここでも桶に山盛りご飯と、ポットのお茶がそのまま出てきて、セルフでお代わりは自由です。

石焼鶏炒めご飯

雲南省の名物料理、本格的な四川料理、北京料理、雲南省のグルメ、まとめ
これは「シャングリラ」名物の地鶏を使った石焼ご飯で、ご飯の上にニンジン、ピーマン、玉ねぎ、トマトと骨つきの鶏肉がゴロゴロはいっていました。

名物料理の一つのようで、価格は少し高めです。

揚げ餃子

雲南省の名物料理、本格的な四川料理、北京料理、雲南省のグルメ、まとめ
お店の奥でみんなで輪になって作っていた餃子は、揚げ餃子で注文してみました。

味はとても美味しかったですが、油が多く蒸し餃子の方が地元では定番のようです。

最後に

特別高級店にはいったわけではありませんが、どこのお店も地元の人で賑わっているお店に入ったため、どこも味が美味しく、ハズレたものはなかったです。
また中華は強火でさっと炒めて出してくれるので、出てくるまでそう時間もかかりません。
美味しいお店は数回通い、お店の人とのコミュニケーションも思い出の一つに残っています。

-フード
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.