子育て

2人目妊娠ラッシュ!それでもまわりに流されない人生

更新日:

2人目、妊娠、ラッシュ、まわりに流されない、人生

筆者の娘もあと2ヶ月ちょっとで2歳になります。

まわりでは2人目がお腹にいるママも多く、2歳差で子どもをつくろうと考える人は多いようです。

そうではない人は身内から「きょうだいがいないとかわいそう」など、身勝手な言葉をかけられたなんて人もいるのではないでしょうか。

筆者は一つの意見として聞き入れますが、育てるのは自分たちなのであまり気にしないようにしています。

何より「育児」は自分の人生の時間を削って、肉体も体力も削って、「出産」となればこっちは命がけです。

スポンサーリンク

自分の人生なので、子どもを産む・産まないという選択は人それぞれでいいと思います。

実際筆者もまだ一人ですが、毎日疲れ切っています。

こんな状態で二人目育てられるか今から心配です。

口でいうより子育ては大変

2人目、妊娠、ラッシュ、まわりに流されない、人生

子育ては思いのほか大変で、今思えば自分の考えが甘かったと実感しています。

しかし、子どもから教えてもらうことも多く、産んでよかったとしか思えないのも事実です。

何より、生まれてきてくれたこと自体が奇跡としかいいようがなく、私たち夫婦のものと幸せを運んできてくれて本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

実際に子育てを経験してみて、子どもたちの成長が楽しみですし、存在そのものが支えになっています。

それが生きがいの一つだと今は言えます。

同時に責任という重みも感じる

2人目、妊娠、ラッシュ、まわりに流されない、人生
肉体的に大変な部分もありますが、大きくなるごとに他人の人生の一部を背負うという重責も感じます。

特にママは子どもと接する時間も多く、ママから吸収するものは非常に多いと感じています。

教養、言葉使い、マナーなど子どもは親を見て育つと言われるほど、ママは気をつけなければならないのです。

同時に自分がどれだけ豊かになれるかという面もあります。

子どもをつくろうか考えている人

2人目、妊娠、ラッシュ、まわりに流されない、人生
子どもをつくるか(2人目をつくるか)考えている人は大いに悩むと思います。

それは一つの命を育むわけですし、そう簡単には結論はでないはず。

経済的な面で悩んでいるのであれば、普通の公立ならそこまで心配はいらないと思います。

年齢的に体力に自信がない人は、私も気持ちがよくわかるので無理にはすすめません。

今35歳なので二人目はできるだけ早く産んでおきたいという焦りの気持ちもあります。

こればかりは人の人生なので他人がどうこういうことではありませんが、とにかく子育ては奥が深くて、逆に子どもに学ばせてもらっている感覚だと思います。

2人目、妊娠、ラッシュ、まわりに流されない、人生

そして、初めは寝返りも打てなかったわが子が、気がつけばしっかり歩いて、スプーンやフォークを上手に使えるようになっていた。

そのうえ、会話が成り立つようになってくるのはすごくおもしろいです。

最後に

まわりの声に不安になったりプレッシャーを感じてしまう人も多いと思いますが、最終的には自分達夫婦の気持ちを素直に通せばいいことです。
一人目を育ててみて「1人で十分」と思えたら、それでいいと思います。
ましてや「子どもつくらないの?」と言った、心ない言葉はスルーしていいともいます。
どちらを選んでも、胸を張って自分自身が納得のいく人生を歩んでいきたいものですね。

-子育て
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.