Food

障がい者の方々が心を込めて作っている町のパン屋さん「プチレーブ」

更新日:

障がい者、心を込めて作る、町のパン屋さん、プチレーブ

今日ご紹介するパン屋さんは、品川区役所と下神明駅の中間にあるパン屋さん「Petit Reve」(プチレーブ)です。

パン屋さんの前にはカフェスペースもあるので、涼しい季節にはここでパンとコーヒーをいただくのもありかもしれません。

障がい者、心を込めて作る、町のパン屋さん、プチレーブ

プチレーブの特徴は製造や接客に障がい者の方々が関わっているというところ。

障害者の自立支援を目的としたパン屋さんで

スポンサーリンク

社会福祉法人品川総合福祉センターが運営しているのだとか。

だから、なおさら私はこのお店を皆さんにシェアしたいと感じました。
障がい者、心を込めて作る、町のパン屋さん、プチレーブ

レジに立つ店員さんはとても元気な方で、明るく挨拶してくれたので真っ先に良い印象をもちました。

パンは手前の冷蔵コーナーにサンドイッチやマフィン、冷たい飲み物が売られています。

障がい者、心を込めて作る、町のパン屋さん、プチレーブ

ガラス越しにもずらりとかわいらしいパンが並んでいます。

障がい者、心を込めて作る、町のパン屋さん、プチレーブ

中でもチーズハムや生クリームがたっぷりのったコッペパンが美味しそうでした。

■塩パン(100円)
障がい者、心を込めて作る、町のパン屋さん、プチレーブ
これはコスパも高くて筆者もイチオシです。
クロワッサンのような芳醇なバターの香りと仄かに感じる塩気がたまらく美味しいです。
とてもシンプルなパンだからこそ美味しさが伝わります。

■ミニクロワッサン(3個100円)
障がい者、心を込めて作る、町のパン屋さん、プチレーブ
買った翌日に食べたので食感はしっとりしていましたが、それでもバターと小麦の風味が強くとても美味しかったです。
プレーンのクロワッサン、セサミクロワッサン、ミニソーセージパンどれを選んでも3個で100円です。
小さくて野外でも食べやすいので子供のおやつにも良さそうです。

■チキン南蛮タルタル(130円)
障がい者、心を込めて作る、町のパン屋さん、プチレーブ
これは男性向けのパン。
下味がしっかりと付いていて、ランチでも満足できる惣菜パンです。
チキン南蛮は3つ入っていて、食べ応えがある味です。
同じようなシリーズでコーンパンやカレーチーズパンなんかもありました。

会計後にはパンのミミがたくさん入った袋と、子供には風船をいただきました。

パンのミミですが、市販の食パンとは違いバターの香りが強くてふわふわで普通に美味しかったです。

店舗概要
住所 :品川区二葉1-6-1 廣浦ビル1F
TEL :03-6421-6633
営業時間 :7:00〜18:00
定休日 :日曜日
ホームページ : petitreve">petitreve
アクセス :東急大井町線 下神明駅より徒歩1分

あとがき

後から知りましたが、お店のイチオシは卵を丸ごと使った”ひょっこりたまご”だそうです。
またラッピングされたラスクや焼き菓子もあるのでちょっとしたお土産にも喜ばれそう。
何よりも明るい障がい者のスタッフの方々と美味しいパンに元気をもらった気がします。

-Food
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2018 AllRights Reserved.