フード

雲南省で出会った麺料理まとめ!バリエーション豊富で病みつきになる味!?

更新日:

雲南省、麺料理まとめ、バリエーション豊富、病みつきになる味

中国の食品というと、作る工程で幾度となく不可解問題を起こしており、常に疑いの目で見てしまうのは仕方がないことだと思います。

スポンサーリンク

しかし世界中を旅してみると、どこの国にも存在し私たちをホッとさせてくれるのは中国人の作る本格中華料理があるからだと思います。

雲南省は標高も高く肌寒い時期もあるので、体を芯から温めて、消化にも良い麺料理が豊富にあります。

朝だけでなく、昼も夜も地元の人はこの麺を食べます。

種類は肉系のものが多いですが、卵や魚を使ったものもあります。

▪️大理

小鍋米線(鍋焼きうどん)

雲南省、麺料理まとめ、バリエーション豊富、病みつきになる味
地元で最もポピュラーな朝食がこの、鍋で煮込んだうどん小鍋米線です。

雲南省、麺料理まとめ、バリエーション豊富、病みつきになる味
上のトッピングはピリ辛のひき肉、高菜、トマト、ネギ、パクチーそれに辣油がはいっているので体が温まります。

日本のうどんよりプルプルしていて、喉越しがいいです。
雲南省、麺料理まとめ、バリエーション豊富、病みつきになる味

飄香(スープなし麺)

雲南省、麺料理まとめ、バリエーション豊富、病みつきになる味
上の鍋焼きうどんのお店の隣にある、飄香(ぴゃおしゃん)という麺料理は変わっていて、平たい麺に辛味噌、ピーナッツ、茹でたささみ、パクチーをスープなしで絡めて食べます。

たまたまかわかりませんが、冷たい麺が出てきて正直あまり美味しくありませんでした。

雲南省、麺料理まとめ、バリエーション豊富、病みつきになる味
小さなテーブルと椅子がいかにも中国らしいです。

大肉過橋米線(米の麺)

雲南省、麺料理まとめ、バリエーション豊富、病みつきになる味
角煮が入ったお米の麺は優しい味付けで、日本のお母さんが作るうどんのような体が温まるような麺でした。

大肉というのは豚の角煮のようで、中国ではよく出てくる食事の材料です。
雲南省、麺料理まとめ、バリエーション豊富、病みつきになる味

トマトと卵の米線

雲南省、麺料理まとめ、バリエーション豊富、病みつきになる味
これも上の大肉過橋米線のお店で注文したメニューで、有名は中華料理の一つでトマトと卵を炒めた料理をお米の麺の上にかけた一品で、出来上がるまでしばらく時間がかかりました。

味は中華出汁の優しい味付けで、トマトの酸味とふわふわ卵が絶妙でした。
雲南省、麺料理まとめ、バリエーション豊富、病みつきになる味

▪️麗江

三鮮米線(辛くない煮込み麺)

雲南省、麺料理まとめ、バリエーション豊富、病みつきになる味
小鍋米線の一種で、魚介ベースのさっぱりとしたスープです。

上にはソーセージ、角煮、うずらの卵がのっていて、朝にぴったりの一品です。

牛肉拉麺(牛肉ラーメン)

雲南省、麺料理まとめ、バリエーション豊富、病みつきになる味
オーダーを受けてから麺を打ち始め、次第に細く糸状になった麺を大鍋にさっとくぐらせます。

雲南省、麺料理まとめ、バリエーション豊富、病みつきになる味
これは日本のラーメンの元祖とも言えるような、シンプルな素朴なラーメンです。

トッピングは肉の旨みがぎゅっと濃縮されたチャーシューとパクチーとネギで、控えめなスープによく合います。

雲南省、麺料理まとめ、バリエーション豊富、病みつきになる味
手打ち麺だけあって太さも長さも異なりそこがまた手作り感があって美味しかったです。

千里香棍鈍(ワンタン麺)

雲南省、麺料理まとめ、バリエーション豊富、病みつきになる味
手作りのワンタン麺で、スープは魚介のさっぱりスープにのりとパクチーがはいて、何杯でも食べれそうな味でした。

お店は牛肉拉麺のお店と同じところです。
雲南省、麺料理まとめ、バリエーション豊富、病みつきになる味
他のお客さんの80%はこのワンタン麺を注文していました。

正宗担担麺(タンタン麺)

雲南省、麺料理まとめ、バリエーション豊富、病みつきになる味
黄色い卵麺にピリ辛味噌を絡めて食べるスープなしの本場の坦々麺。

山椒のピリッとした辛さが病みつきになります。
雲南省、麺料理まとめ、バリエーション豊富、病みつきになる味
少々辣油の油っぽさが気になりましたが、まさか雲南省で重慶の坦々麺が食べれるとは思いませんでした。

▪️シャングリラ

麻辣水餃子

雲南省、麺料理まとめ、バリエーション豊富、病みつきになる味
麻辣スープの水餃子は寒い日に温まる一品です。

雲南省、麺料理まとめ、バリエーション豊富、病みつきになる味
水餃子はレンゲサイズのものが30個ちかくはいっていて、一人では多いくらいです。

刃削麺(トウショウ麺)

雲南省、麺料理まとめ、バリエーション豊富、病みつきになる味
初めて食べた刃削麺は「シャングリラ」の小さなお店で、お母さんの手作りで温かみがあるものでした。

お店は麻辣水餃子のお店と同じところです。
雲南省、麺料理まとめ、バリエーション豊富、病みつきになる味
文字通り刃物でカットして鍋に入れる麺で、歯ごたえはもちもちしていてとても美味しかったです。

最後に

どの麺料理も日本人の口に合うような、ほっと温まる麺料理ばかりで、タイに帰ってきてからもその味が忘れられません。
中国では素材から手作りしているお店も多く、中国の醤油や、辣油によく絡み旅で疲れた胃にも優しい味付けをしています。
メニューは写真がないものが多いですが、漢字を駆使して様々なものに挑戦してみるのもいいかもしれませんね。

-フード
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.