コラム

本当の人生は30歳から,,,自分の人生に他人が2人加わる、スピリチュアルな人生観

更新日:

自分の人生、30歳からが本番、スピリチュアル、結婚

結婚シーズンも、やっと落ち着きました。
山下町のブライダルサロンは、来期の打ち合わせで下見にきているカップルが多いようです。

人生とは苦難の連続で、自分自身波乱万丈の二十代を乗り越え、今に至ると思っていましたが、そんな考えは甘かったよう。

『20代はほんのお遊び、本当に苦難を乗り越えて生きていくのは30歳から』と母から言われ,,,そうこれからが本当の人生。

成人を過ぎると、全て自分で判断しその責任も自分自身のみにかかってきます。

スポンサーリンク

しかし結婚して2人になった瞬間から、他人が自分の人生に加わり、今度は自分の意見だけではなくお互いを尊重し合いながら、2人で選択した道を歩んでいきます。

いつしか神様から子供を授かります。
子供は親を選べませから、その子の人生の基盤は両親の育て方によって異なってきます。
子育という漢字は子供を育むという2つの文字からなりますが、子供の成長と共に親が子供に育てられるともいいます。

自分の人生に、自分以外の人が2人も関わってくるとういことは、とても不思議で、先が見えない人生はとてもワクワクしますね。

自分の人生、30歳からが本番、スピリチュアル、結婚

最後に

人生のバイブルとしてたくさんのことを教えてくれた『セックス・アンド・ザ・シティ』のなかにも”人生は平坦ではない。だから歩くのが楽しくなる特別な靴が必要 ... ”という有名な台詞があります。
相手と巡り会うのも運命で、こんなにも広い世界の中からたった一人と一緒になるということはとてもスピリチュアルで運命的だと私は思います。

-コラム
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.