チョコレート

オーストラリア最大のチョコレートビスケット菓子「ティムタム」7つの工場をもち、世界40カ国以上で販売されている国民的お菓子!!

更新日:

オーストラリア最大、チョコレートビスケット、ティムタム、7つの工場、世界40カ国で販売、国民的お菓子

「Tim Tam」(ティムタム)は、1865年創立者ウィリアム・アーノッツ氏が、オーストラリア・シドニーの北部ニューキャッスルで開いた小さなベーカリーが始まりです。

その後アーノッツ社(Arnott's Biscuits Holdings)ができ、1963年から製造・販売しているチョコレートビスケットのお菓子です。

「Tim Tam」(ティムタム)は当時、地元の人々や、石炭を積みに港へやってくる船の船員達へパンやパイ、ビスケットを販売していました。

今ではアーノッツ社は、オーストラリアでシェア62%のNo.1。
世界でも最大クラスのビスケットメーカーになりました。

オーストラリア国内では、年間5億個が消費されている大人気のお菓子です。

スポンサーリンク

海外では、ニュージーランド、ニューカレドニア、アメリカ合衆国、カナダ、日本、スウェーデン、インドネシア、タイなどに販売されており、日本でも輸入食品を扱うお店には必ず置いてあるお馴染みの商品になっています。

オーストラリア最大、チョコレートビスケット、ティムタム、7つの工場、世界40カ国で販売、国民的お菓子

オーストラリア国内およびアジア地区に7つの工場を有し、世界40カ国以上の人々に親しまれています。

現在住んでいるタイで売られている「Tim Tam」(ティムタム)は、本国オーストラリアより安い価格で生産できるインドネシアから運ばれているもののようです。

オーストラリア最大、チョコレートビスケット、ティムタム、7つの工場、世界40カ国で販売、国民的お菓子

タイのティムタムの種類
・ミルクチョコレート
・ダークチョコレート
・バニラクリーム
・ストロベリー
・クラシックダーク
・ホワイトチョコレート
・ハニーコンボ
・ダブルコート
・ラムレーズン
・ダークチョコレートミント
・キャラメルクリーム
・ピーナッツバター
・ダブルチョコレート
・ダブルチョコレートクリスピー
・オレンジクリーム
・ダブルチョコバニラ

その他、50周年オリジナル商品など、様々な種類が過去に登場しています。

オーストラリア最大、チョコレートビスケット、ティムタム、7つの工場、世界40カ国で販売、国民的お菓子

ブランド名:Arnott’s(アーノッツ)
商品名:Tim Tam(ティムタム)
アソート:Milk Chocolate(ミルクチョコレート)
原産国:オーストラリア
内容量:200g
購入価格:32バーツ(約96円)

どのフレーバーも日本人には少し甘いと感じてしまうかもしれませんが、ビターチョコレートで通常のミルクチョコレートと同じくらいの甘さです。
周りのチョコレートも中のチョコクリームも海外のお菓子といった味ですが、ボリュームもあり見た目もかわいいのでパーティー向きかもしれません。
西洋文化でよくビスケットをそのまま食べるのではなく、たっぷりとしたマグカップにコーヒーや紅茶、ホットミルクに浸して食べる習慣があります。
「Tim Tam」(ティムタム)のホームページにも正しい食べ方が記載してあり、オーストラリアやヨーロッパ諸国では朝食に甘くてボリュームのあるビスケットで済ませる人も多いようです。

オーストラリア最大、チョコレートビスケット、ティムタム、7つの工場、世界40カ国で販売、国民的お菓子

見た目

日本にいる時はフレーバーは全く気にしていませんでしたが、海外に出てここまで種類が多いとは驚きました。
また一個が大きく、ビスケットでチョコレートクリームをサンドし、その上からさらにチョコレートでコーティングしてあるので、かなり食べ応えがあります。

オーストラリア最大、チョコレートビスケット、ティムタム、7つの工場、世界40カ国で販売、国民的お菓子

最後に

日本では「成城石井」「カルディコーヒー」「プラザ」「ドンキーホーテ」など輸入食品を扱うショップ、またはオンラインショップの「楽天市場」「Amazon」でも購入可能です。
海外にしか売っていないリミテッド商品もあるので、旅行先で見かけたらお土産にいいかもしれませんね。

-チョコレート
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.