ライフスタイル

もう余計な情報に振り回されないで!「デジタルデトックス」で電波の届かない田舎へ行ってみる?!

更新日:

余計な情報に振り回される、デジタル・デトックス、電波の届かない田舎に行く

最近、スマホに夢中になりすぎて生活に支障が出てしまう「スマホ依存症」の人も増えているそうです。

ソーシャルメディアは目の前に流れてくるテキストに一喜一憂したり、会ったことも無い人の発言にいちいち感傷的になったり、そんなことがよく起こります。

スマートフォンがあまりにも急速に普及し、ソーシャルメディアが流行ったせいで付き合い方が分からないままネット世界がうまれてしまったことが問題です。

余計な情報に振り回される、デジタル・デトックス、電波の届かない田舎に行く

SNSとはソーシャルメディアの1つでメディア媒体でもありますが、より人と人とのつながり、関係性を強めたソーシャルメディアのことをいいます。

自分はそこまで酷くないと思っていても、少しでも時間があるとソーシャルメディアをチェックして他人の日常や、次から次へと登場する流行のものを追いかけている人は多いと思います。

このように頭では考えずに、常に目から入る情報のみを追っていると、意思コントロールすることが難しくなったり、インターネットで外部と繋がっていないと不安でイライラして日常生活に支障を来したりするような状態に陥ってしまうこともあります。

余計な情報に振り回される、デジタル・デトックス、電波の届かない田舎に行く

芸能人やアーティストも、毎日忙しい時間の合間をぬって自分の私生活をブログやインスタグラムにアップしていますが、それも一種のファンとの大事な繋がりかもしれませんが、こそにはお互いいいことばかりでりではありません。

スポンサーリンク

四六時中携帯を気にしていると、自分の時間も奪われ、余計な情報まではいってくると複雑な気持ちになってしまったり、その中には知りたくない情報も多いはずです。

スマホの見過ぎによる症状

・イライラ
・頭痛
・吐き気
・めまい
・ドライアイ
・姿勢が悪くなる
・目の下のクマ

余計な情報に振り回される、デジタル・デトックス、電波の届かない田舎に行く

前屈みの姿勢になったり、細かい文字を四六時中追っていると、全体のお肉が下に垂れ下がり老け顔になってしまい女性には特にマイナスなことばかりです。

またスマホの使いすぎによる睡眠不足や睡眠障害、長時間同じ姿勢で使い続けることによる健康被害、中にはオンラインゲームのやり過ぎで急死するケースなど報告されているそうです。

デジタルデトックスというのは、ネット依存から抜け出すために、ソーシャルメディアやインターネット、メールなどを一時的にやめることです。

余計な情報に振り回される、デジタル・デトックス、電波の届かない田舎に行く

一度デジタル機器と距離を取ることで、適度な間合いを保つのが目的です。

デジタル機器はとても便利な道具ですが、それによって振り回され、自分のための時間を楽しむことができなくなっては本末転倒。

デジタルデトックスの効果

・睡眠の質の上昇
・自律神経の向上による体力の向上
・視力低下の防止
・眼精疲労の改善
・頭痛予防
・腱鞘炎の予防
・肌荒れを防ぐ

デジタルデトックスすることにより煩わしさがなくなり、頭の中が一層クリアになります。

情報収集と読書や映画鑑賞は全く別物。

余計な情報に振り回される、デジタル・デトックス、電波の届かない田舎に行く

あらゆるものを要約するまとめサイトに触れすぎたせいで、自分自身でものを深く考えたり、自分の意見がなくなってしまっている若者が増えているのも現状です。

時代の流れや、人の目など気にせず自分が素直に感じた事をネットを通じてではなく、人と直接会話して意見を交わすことがとても大事なことなのです。

一見シンプルなことですが、家族、親戚、近所の人など一番身近にいる世代の違う人と会話することから始めることをおすすめします。

また思い切って電波の届かない田舎に行ってみるのもいいと思います。

わからないことがあれば、地元の人に直接聞けばいいだけのこと。
携帯を持たないと多少不便さはありますが、本来人はそうしてコミュニケーションをとってきたのですから、それを改めて実感し、本当に大事なことを見直すきっかけにもなります。

一期一会の出会いですが、そこから会話が弾んで思いがけない感動が待ち受けているかもしれませんね。

余計な情報に振り回される、デジタル・デトックス、電波の届かない田舎に行く

最後に

常に人の行動や言動を追いかけていても、それは自分自身の生活とは一切関係ないことなのです。
自分は自分、他人の目など気にせず、思い切って断ち切ってみる勇気も必要です。
最近はソーシャルメディアによって、思わぬ事件に巻き込まれるケースも少なくありません。
全くデジタル機器を持たないのではなく、ゆっくり体を休めたい日には携帯をオフにしてみたり、ダラダラネット検索するのではなく、知りたいことだけを調べて用が済んだら、本を読んだり外に散歩にでてみるのもいいかもしれませんね。

-ライフスタイル
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.