旅行・お出かけ

ヒンドゥー文化と、現代社会が融合する「インドのお祭」まとめ

更新日:

インドのお祭、一覧、ドラマティック

スポンサーリンク

誰もがもっているインドという想像を越え、全て大河の流れのように呑み込こむ魅惑のインド。
インドは生と死が隣り合わせで、それは生活の一部でもあります。

そんな美しい世界は昔からずっとそこにあり、旅してまわっている瞬間だけは自分だけのもの。

またインドのお祭行事はとにかく過激的。

一部で近代化も進みアート系のイベントも多いですが、何年も前から行われているヒンドゥー教関連の行事は見応えがあり、一緒に参加できるお祭りもあります。

■インドのイベントスケジュール

1月

・インド・アートフェア(デリー)
インド国内外のギャラリーが参加する現代美術の見本市。

・インド・オートエキスポ(デリー)
インド自動車産業のビックな見本市。

・ジャイプル文学フェスティバル(ジャイプル)
ジャイプルで毎年行われる、文学フェス。
世界的に有名な作家も参加する。

2月

・インド・ファッションウィーク(デリー)
年に2度開かれる最大のファッションショー。

・コミック・カンファレンス(デリー)
インドでは珍しいコスプレイヤー達のイベント。

・スーラ・ワインフェスタ(ナーシク)
インド最大のワイナリー、シーナクで行われるワイン祭り。

・クンブメーラ(4年に1度、1~4月)
ヒンドゥー教の聖地で4年に1度行われる世界最大級のお祭り。
数千万人の信者が沐浴する姿が見られる。

インドのお祭、一覧、ドラマティック

3月

・ホーリー(全国)
通称カラー祭りとも言われ、色粉を互いに付け合い春の訪れを祝うお祭り。

4月

・クリケット全国リーグ(IPL)
国民的スポーツ・クリケットの全国リーグ。

5月

・笑うヨガの日(第一週目)
大きな声で笑うことで、多く酸素を含み免疫力を高めるといわれています。

7月

・マンゴーフェスティバル(全国)
この時期全国でマンゴーの収穫祭や品評会が開かれる。

8月

・メクラ・ファッションウィーク(ムンバイ)
大都市ムンバイで開かれるファッションショーで、有名スターやセレブが訪れる。

インドのお祭、一覧、ドラマティック

9月

・アニメ・コンベンション(デリー)
アニメとゲームの祭典。

・ガンパティ祭り(ムンバイ)
ムンバイで大量のガネーシャ像が海に流されるお祭り。

10月

・ディワリ(全国)
ヒンドゥー教の新年で、ロウソクを灯したり、夜は花火が打ち上げられる。

・イード(全国)
イスラム教の断食明けでもあり、イスラム教徒は新年を祝う。

・デリー写真フェスティバル(デリー)
国内外作家の写真展、レクチャー、評論会も開かれる品格的写真フェス。

インドのお祭、一覧、ドラマティック

11月

・ゲイ・ブライド・パレード(デリー)
一般者も参加する、同性愛者のデモパレード。

・インド国際貿易フェア(デリー)
インド各州のパビリオンや物産展が並ぶ、インド万博のようなお祭り。

・ラクダ祭り(プシュカル)
砂漠の街プシュカルで開かれる大規模なラクダ市。

12月

・F1インドGP(デリー)
2011年に始まったインドのF1は、ブッタ・インターナショナル・サーキットで開催される。

・ミュージックマンス(チェンナイ)
インド古典音楽コンサートは1ヶ月間行われる。

・SUNBURN(ゴア)
世界中から人が集まる、大規模な音楽フェス。

インドのお祭、一覧、ドラマティック

最後に

私も実際3月に行われるホーリー(カラー祭り)に参加したことがありますが、その日だけは激しく踊り、色のついた粉や水をかけるために、大勢で追いかけてくる様はとても過激な感じがしました。
ヒンドゥー教のお祭りはその後タイなどの東南アジアにも、形を変えて広がっていることがわかります。
世界でも珍しいインドのお祭りに、あなたも参加してみてはどうでしょうか。

-旅行・お出かけ
-

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.