Book

ヒューマニスティックよりのミステリー作品「誘惑の果実」真保裕一

更新日:

ヒューマニスティック、ミステリー、誘惑の果実、真保裕一

今日ご紹介する本は、真保裕一さんの「誘惑の果実」です。

タイトル :誘惑の果実
著者 :真保裕一
出版社 : 集英社
出版日 :2002年11月
単行本価格 :2,052円
ジャンル :ミステリー

真保裕一(しんぽ ゆういち)

1961年5月24日東京生まれ。

千葉県立国府台高校卒。アニメ制作会社にてディレクターを務め、1991年『連鎖』で江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。

1996年『 ホワイトアウト』で吉川英治文学新人賞、1997年『奪取』で山本周五郎賞と日本推理作家協会賞をW受賞。

ウィキペディア: 真保裕一

内容紹介

ヒューマニスティック、ミステリー、誘惑の果実、真保裕一
病院長の孫娘が誘拐された。

“身代金”は入院患者の命だ!標的は病院に身を隠していた被告人。

挑戦か陰謀か。

悪魔のゲームの幕開けか。

そして、もう一つの誘拐が。

逆転に次ぐ逆転!衝撃と興奮の傑作巨編。

この本は誘拐長編小説です。

題材はよくあるものですが、そのストーリーはちょっと変わっています。

犯人は意外にもすぐわかってしまいます。

2つの誘拐事件が同時に起きるという設定になっていて、ひとつめの誘拐では誘拐された娘の家族に対して、経営する病院で患者を殺せと指示される。

別の誘拐ではある会社の株券を買えと指示される。

ここまで読んでも、どういう結末になるのか分からない展開に謎が多い。

ミステリー性はもちろんですが、”誘拐の果実”は何なのかを見事に表現した作品。

また、同時に誘拐をめぐる家族ドラマとして読むこともできます。

あとがき

本作品は2002年の文春ベスト10で2位を獲得した、高い評価の作品です。
あまりミステリーは読まない方なので、読むのに時間がかかってしまいましたが、話題の一冊なのでぜひ手に取って読んでみてください。

-Book
-

Copyright© visiomire.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.