VISIOMIRE(ヴィジョミア)夢を追うー 世界を旅して得たさまざまな感覚と真実を綴ったトラベルブログです。 2014年にバンコクに移住し、2016年に第一子を出産しました。これからもカメラを片手に、愛する家族と世界中を旅し続けます。

カフェ

バンコクの一等地で超便利なホステル。世界中のバックパッカーが集まる「Good One Hostel」

更新日:

ホテル&カフェバー、世界中、バックパッカー、グッットワンホステル

今日ご紹介するカフェは、ホテルと一緒になった「Good One Hostel&Cafe Bar(グッドワンホステル&カフェバー)」です。

スポンサーリンク

「Good One Hostel&Cafe Bar(グッドワンホステル&カフェバー)」は2016年3月24日にオープンしたばかりの綺麗な安宿兼カフェバーです。

ホテル&カフェバー、世界中、バックパッカー、グッットワンホステル
(シーロムsoi7からの入り口)

BTSチョンノンシー駅から歩いて2分ほどの好立地な場所にあり、バンコク市内の観光にも適しています。

1階はカフェ&バーになっていて、宿泊しなくても利用することができます。

ここに集まってくるのは若い旅行者ばかり。

ホテル&カフェバー、世界中、バックパッカー、グッットワンホステル
大きなバックパックを背負った白人や、一人旅を満喫しているアジア人もちらほら見かけました。

部屋にはダブルベットが一つあるだけでいたってシンプルですが、安く済ませたい人にはおすすめです。

ホテル&カフェバー、世界中、バックパッカー、グッットワンホステル

また1階のカフェスペースや、宿泊者だけが使える共有スペースもあるので、世界中の旅行者との交流もここなら確実にありそうです。

筆者は日中にカフェを利用させてもらいました。

■ホットアメリカーノ(55バーツ)
ホテル&カフェバー、世界中、バックパッカー、グッットワンホステル
大きくて、ざっくりしたマグで運ばれてきたアメリカーノ。
酸味の少ない飲みやすいコーヒーです。
エスプレッソをお湯で割ったアメリカーノは、確かにコーヒーの味は薄いですが、夕方以降に軽く飲むには適しています。

■ホットチョコレート(70バーツ)
ホテル&カフェバー、世界中、バックパッカー、グッットワンホステル
こちらは丸みのあるシンプルな大口のマグ。
明らかに失敗したカフェアートですが、タイなので全くきになりません。
しかし味は最悪。
かなり薄いココアでした。

ホテル&カフェバー、世界中、バックパッカー、グッットワンホステル
メニューは朝食メニュー、カフェメニュー、アルコールメニュー、カウンターにはチョコレートブラウニーマフィン、クッキーなどが並んでいます。

バーカウンターの後ろには定番のリキュールが並んでいます。

コーヒーの上に雲のようなフォームミルクがのった「Have a Good One (60バーツ)と「French toast(150バーツ)」も美味しそうでした。

ホテル&カフェバー、世界中、バックパッカー、グッットワンホステル

価格も50バーツから100バーツ前後ととてもリーズナブルなので、旅行者には嬉しいですね。

ホステルは全52部屋。

何より新築で水回りや共有スペースも綺麗なので、西洋人に人気があるようです。

ホテル設備
・エアコンあり
・無料Wi-Fi
・フロント24時間オープン
・対応言語は英語
・喫煙コーナー
・無料駐車場
・エレベーター
・荷物預かり可
・タイ全土の高速バスやフェリーの予約可
・ランドリーサービス
・コンセントはAC220V

■店舗概要
住所 : 65 Naradhiwas Rajanagarindra Rd, Khwaeng Silom, Khet Bang Rak, Krung Thep Maha Nakhon 10500
TEL :02-235 -289
営業時間 :フロントデスクは24時間対応
ホームページ :www.goodonehostel.com/

ホテル&カフェバー、世界中、バックパッカー、グッットワンホステル
アクセス :BTSチョンノンシー駅下車徒歩2分。4番出口を降りシーロム通りの方へ500m進んだ右手。

最後に

ここで働くスタッフは皆、英語がネイティヴでフレンドリーです。
入り口入ってすぐの小さなカウンターでチェックインやチェックアウトだけではなく、国内の移動も手配してくれます。
1階のカフェスペースは洋楽のトップチャートが流れ、インテリアもアットホームな雰囲気です。

-カフェ
-,

Copyright© VISIOMIRE.com , 2017 AllRights Reserved.